【Apple Watchでできること】まとめ

2019年の秋公開「watchOS 6」の追加機能&変更点のまとめ

AppleWatch watchOS 6

日本時間の6月4日未明、Appleが開発者向けに開催したイベントWWDC2019で、AppleWatch向けの最新OS「watchOS 6」が正式に発表されました!
watchOS 6では、AppleWatch上で動作するAppStoreが追加される他、新しい文字盤に新しいアプリや新しい機能など、盛りだくさんのアップデートとなっています!

2019年の秋に公開されるということで、今から楽しみですね!!

というわけで、発表されたwatchOS 6の詳しい情報を紹介していきます!

ヘルスケア&フィットネス機能の強化

これまでのAppleWatchの傾向通り、ヘルスケア&フィットネス機能は今回も大きく強化!
月経周期を管理するアプリ「Cycle Tracking」や、周囲の騒音を計測するアプリ「Noise」が追加されます。

Cycle Tracking:自分の月経周期に関連する情報を記録し、今後の月経周期の予想することができる。
iOS 13、watchOS 6で追加される「周期追跡(Cycle Tracking)」でできること&使い方まとめ
Noise:騒音レベルをリアルタイム表示してくれる。聴力への影響が大きい場合には警告も表示!

また、従来からある「アクティビティ」機能も強化!
「Activity Trends」という機能が加わり、従来は1日のアクティビティリングに注目していましたが、もう少し長期的な観点で「活動カロリー」「運動時間」「ウォーキングのペース」といった主要な指標をチェックすることができます。

Activity Trends:過去90日間のアクティビティが過去365日間と比較してどのような傾向にあるかを一覧で教えてくれる
iOS 13で追加される「アクティビティ」アプリの「トレンド」タブ、何が変わる?

なお、月経周期の個人情報や、「Noise」アプリで利用した周囲の音声などは、外部へ送信されるようなことはなく、プライバシーは安全に保護されるとのことです!

App Storeが追加!!

watchOS 6では、AppleWatchから直接AppStoreにアクセスすることができるようになります。
これまでは、iPhoneの「watch」アプリ経由でアプリをダウンロードしていましたが、これからはAppleWatch上でもアプリの検索やダウンロードが可能です!

【watchOS 6】AppleWatch単体でアプリをインストールする手順

また、開発者観点では、iOSアプリがなくてもApple Watch上で独立して動作する「Apple Watch専用アプリ」が開発できるようになるのが非常に大きな変更点です!

新しい文字盤が追加!

新しいデザインの文字盤も追加されます!

新文字盤「X-Large」:インパクト重視な文字盤。アナログ版のデザインもあります。
新文字盤「Gradient」:カラーに似た文字盤ですが、グラデーションが美しい!
新文字盤「California」:高級時計のような佇まいがかっこいいですね!
新文字盤「Solar Analog」:日時計をモチーフにしたアナログ時計。メカ感があってかっこいい!!
watchOS 6に追加される新しい文字盤全種:Solar Dial, Modular Compact, Gradient, California, Numerals Duo, Numerals Mono watchOS 6で追加される新文字盤「California」のカスタマイズ項目まとめ

また、時計として追加機能として「時報」の機能も追加!
振動や音で時報をお知らせしてくれるようです。何気に嬉しい追加機能ですよね!

watchOS 6のハンズオン動画:画面を2本指タッチで時刻の読み上げ機能など

新しいアプリが追加!

ヘルスケア系以外にも、「オーディオブック」「ボイスメモ」「電卓」のアプリが追加されます!

「オーディオブック」:Apple Booksで購入したオーディオブックを、AppleWatch上で再生することができます。
watchOS6で登場するAppleWatch版「ブック」アプリの使い方まとめ
「ボイスメモ」:iOSやmacOSではすでに採用されている「ボイスメモ」アプリがAppleWatchにも追加!
「計算機」:計算機もiOSやmacOSと同じデザインで登場!

その他、Siriによる検索結果としてウェブページをAppleWatch上で表示する機能も追加されるようです。

また、開発者向けには、「音楽」「ラジオ」「Podcast」をストリーミングするためのオーディオAPI、理学療法や瞑想などの長時間利用を想定したアプリ向けのランタイム拡張のためのAPI、CoreML(AppleWatch Series4のみ対応)が利用可能になります。

さらに、スポーツジムのフィットネスマシンと連携するGymKitもサポートを拡大するようです!

その他の変更点もたくさん!!

watchOS 6のホーム画面で「リスト表示」のデザインがアップデート! watchOS 6で、AppleWatch単体でのソフトウェア・アップデートが可能に! AppleWatchでAppleIDの認証コードが表示可能に!watchOS 6で対応
watchOS 6、macOS Catalinaとの組み合わせでパスワード入力を代替する承認デバイスとして利用可能に! AppleWatch watchOS 6 watchOS 6、Appleの純正アプリが削除可能に
AppleWatch向けの純正アプリがAppleStoreに登場!watchOS 6でアンインストール可能になる影響を受け

新色バンドも登場!

「カナリアイエロー」「ドラゴンフルーツ」「コーンフラワー」のスポーツバンドが追加!

また、新しいプライドエディションのスポーツループバンドも追加。

これらの新色バンドは、すでにAppleStoreでの販売が開始されています!


より、AppleWatch単体での動作が強化された今回のwatchOS 6。
特にAppleWatchのみで動作するアプリが開発可能になったことで、watchアプリが盛り上がる可能性を感じるアップデートでした!

正式な公開は2019年秋。
おそらく9月の後半頃になると思いますが、今から楽しみでたまりませんね!!

watchOS 6の紹介ページ、日本語版も公開!
[ via watchOS 6 advances health and fitness capabilities for Apple Watch – Apple ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です