今夜開幕!「WWDC2019での発表が予想されているもの」まとめ

Appleが開発者向けに開催するイベント「WWDC2019」がいよいよ今夜開幕です!
WWDC2019開催に向けて、Apple関連の総合情報メディアとして名高いMacRumorsが、WWDC2019での発表が予想されているものについてまとめています。

もちろん「噂」レベルのものもあり、すべてが本当に発表されるかはわかりませんが、例年かなり確度の高い情報を発しているメディアのまとめですので、信憑性は高そうです!

iOS 13

なんと言ってもWWDC2019での最注目は、iPhone、iPad向けの最新OS「iOS 13」についての情報ですね。

ダークモード

macOSではおなじみの「ダークモード」がiOSにも採用されるようです。
長時間画面を見る場合、輝度の高い白背景をダークモードの黒い背景に切り替えると、確かに目の疲れがかなり軽減されます。
開発者にとっては、アプリをダークモードに対応させるのは大変かもしれませんが、ユーザー的には嬉しい機能ですね!

音量調整UIの変更

これまで、画面中央に大きく表示されていた音量のためのUI表示の方法が変わるようです。
確かに、動画視聴中に音量を変更したときなど、画面中央の表示は大きくて邪魔に感じていましたので、小さな表示に変わるのは嬉しいですね。

スリープモード

コントロールセンターから設定する「スリープモード」が搭載されるようです。
スリープモードでは、従来の「おやすみモード(Do Not Disturb)」が設定されて着信がミュートされルノに加え、さらにロック画面が暗くなり、iPhoneを持ち上げても画面が明るくならないなど、眠りを邪魔しない仕組みになっているようです。
iOS12で搭載された「ベッドタイム」との統合の可能性もあるようですね。

iPad向けのアップデート

iPad向けのいくつかのアップデートが予定されています。
詳細は不明ですが、ホーム画面のレイアウトがiPad向けに刷新されるようです。

また、マルチタスクの機能が強化され、同一のアプリの複数の画面をカード(おそらくiPhoneのアプリスイッチャーのようなもの?)として切り替えながら使うことができるようになります。
iPadを仕事で使っている場合は、エクセルなどのアプリでは複数のファイルを同時に開きたい場面は多いと思われますので、かなり有用な機能になりそうですね!

iPadに特化したジェスチャーの追加もいくつか予定されているようです。

また、これはiOS13で採用される確度はやや低いようですが、iPadでのマウスのサポートも噂されているようです。

「iPhoneを探す」のアップデート

これまでの「iPhoneを探す」と「友達を探す」のアプリが、「Find My」というアプリに統合されるようです。
Find Myでは、探したいiPhoneがWi-Fiやセルラーネットワークに接続していない状態でも、近くにあるAppleのデバイスを利用して追跡できるネットワーク機能が搭載されます。

メッセージ

自分のプロフィールを設定し、相手に表示される情報の整理などもできるようになります。
これはLINEやWhatsAppなどのメッセージアプリのような機能で、iOSの「メッセージ」もSNS的な要素が加わるということかもしれませんね。

また、AnimojiとMemojiのステッカーのための専用メニューも追加されるようです。

メール

メールアプリでは、「メルマガ」「買い物」「旅行」「重要ではない」など、メールをカテゴリで分類する機能が追加されるようです。

リマインダ

リマインダーアプリは、「今日完成するタスク」「すべてのタスク」「スケジュールされたタスク」「フラグ付きタスク」といった分類で表示されるように、デザインが変更されるようです。
これまでのシンプルなリマインダーから、Todoistなどのようなタスク管理アプリとしての機能が追加されるイメージのようですね。

ブック

アクティビティアプリの「成果」や「ステッカー」のように、ブックアプリでの読書に対して”報酬”が得られるような機能が追加される見込みです。
また、こちらもアクティビティアプリに似ていますが、読書の進捗や読書量の日々の推移なども視覚化されるようです。

ヘルスケア関連

「耳」の健康に関するアプリ「hearing health」が追加されるようです。
詳細は不明ですが、ヘッドフォンで音楽を再生する音量と周囲の周囲環境の音量を測定する機能が用意されているようです。

また、月経周期を管理するアプリも追加されそうです。

macOS 10.15

iOSとのクロスプラットフォームアプリの採用や、iTunesの廃止など、macOSの変更はかなり大きなものになりそうです!

クロスプラットフォームアプリ

「Marzipan」と呼ばれるプロジェクトにより、macOSとiOSの両環境で動作するユニバーサルアプリの開発が可能になります。

iOSアプリをほとんど変更することなくMacに移植でき、両方のプラットフォームで実行できるアプリが作成できることを目指すMarzipanプロジェクト。
MacOS 10.15では、AppleはiPadアプリをMacに簡単に持ち込むためのツールが開発者に提供される予定です。

Mac向け新アプリ

Marzipanプロジェクトの一環として、iOS向けに提供されていた「ミュージック」「Podcast」「TV」アプリがMacにも追加されるようです。
これらのアプリの追加に伴い、これまでAppleのエコシステムを支えていたiTunesは廃止!
各アプリに機能が分配されるかたちになるようです。
(これまでiTunesで行われていたiOSデバイス管理機能は「ミュージック」アプリが引き継ぐようです。)

iOSの項目で紹介した「Find My」アプリのmac版も登場!
また、アクティビティのように「成果」を得られるブックアプリの機能は、mac版「ブック」にも搭載されるようです。

iPadの外部ディスプレイ化

接続したiPadをMacの外部ディスプレイとして利用する機能が提供されます。
これまでもサードパーティのアプリを利用し、iPadを使ったデュアルディスプレイは実現できましたが、公式にサポートされるようですね!

なお、外部ディスプレイとして利用中もiPadではApplePencilによる入力をサポート!
つまり、iPadを完全に”液タブ”として利用することができる可能性も高そうです!!

32ビットアプリのサポート終了

これまでにiOSで実施されたのと同様に、macでも32ビットアプリのサポートが終了になる見込みです。
しばらく更新されていない古いアプリケーションのいくつかは動作しなくなるでしょう。

すでにmacOS Mojaveで警告が出ているアプリを愛用している場合は、OSのアップデートには慎重にならざるを得ませんね。。。

Apple Watch認証

現在、Macのログインに利用できるAppleWatchですが、ロック解除以外の認証にも利用できるようになりそうです。

TouchID搭載のMacにおけるTouchIDの代替として、AppleWatchが使えるとしたら結構便利そうですよね!
(個人的には、私がAppleWatchを装着しているときに子供がMacを開いたときに、私が近くにいるせいでロックが解除されてしまうことがたまにあるので、ログインや決済などまでできるようになるのはちょっと怖い気もしますが…。)

watchOS 6

独自のAppStoreや新文字盤などが予想されているwatchOS!
watchOS 6の新機能については、別記事としてまとめているのでこちらをご参考ください!!

tvOS 13

tvOSに関しては、TVアプリやApple Arcade(ゲームの月額サブスクリプションサービス)などの追加が発表されていますが、WWDCでは大きな発表はないと見込まれています。

その他、WWDC2019で発表されそうなもの

Mac Pro

ハイエンドデスクトップ「Mac Pro」のアップデートが発表されると予想されています。
また、Mac Pro向けのディスプレイとして、「6K 31.6インチ」のハイエンドディスプレイも同時に発表されるとの予想があります。

AppleWatch向けの新色バンド&iPhoneケース

こちらは毎年の恒例ですが、AppleWatch向けの新色バンドと、同様の新色によるiPhoneケースの発表も見込まれています。
過去2年、6月にレインボーバンドが発表されていますが、今年はAppleWatch向けのレインボー文字盤の新デザインも提供されたばかりということもあり、新たなレインボーバンドが発表される可能性は高いと思われます!


今年も、盛りだくさんな内容が発表されそうなWWDC。
個人的にはやはりwatchOS関連の発表が楽しみですが、今回はiPadやMacの発表も重大そうで、今夜は眠れない夜になりそうです!!

[ via What to Expect at WWDC: iOS 13, macOS 10.15, watchOS 6 and tvOS 13 – MacRumors ]