発売日から毎日欠かさずAppleWatchを使っている私が選ぶ”本当に使えるApple Watchアプリ”11選!(2017年1月1日更新)

Bestapp10

2016年はAppleWatch Series2の発売や、ApplePayのサービス開始など、AppleWatchにとって飛躍の年でした。
初代が発売された当初に比べると、街でAppleWatchを見かける機会も随分増えたように感じます。
そこでApple Watchを使い始めたばかりの方、これから購入しようと思っている方、購入したけどいまいち使いこなせていないという方に向けて、初代発売当時から毎日欠かさずApple Watchを使い続けてきた私が選んだ“本当に使えるアプリ”を紹介したいと思います!

最新OSのwatchOS3ではアプリの起動速度がかなり向上しましたが、iPhoneとの通信の遅さがネックになり、Apple Watch単体でアプリを使うにはストレスを感じることも多いと思います。
そこで、今回紹介するアプリはあくまで“今現在のApple Watchでの使いやすさ”を基準として、「通知を起点に+αの機能が便利なアプリ」や「ドック・コンプリケーションでの表示が便利なアプリ」「そもそもアプリの起動が必要ないアプリ」を中心に選んでみました。

Pick UpAppleWatch向けアプリのランキングページ」を公開しました!
無料アプリ・有料アプリのランキングを、カテゴリ毎に一気にチェックできます。

Suica(Apple Watch Series2限定)

Applewatch suica

アプリ自体はiPhoneアプリとして公開されており、Apple純正の「Wallet」アプリを通してAppleWatchにSuicaを同期するアプリ。
厳密には”AppleWatchアプリ”ではないんですが、AppleWatchを”生活必需品”に変えたアプリという意味で、AppleWatchのキラーアプリは「Suica」で間違いありません!

私はiPhoneもSuicaが使えるiPhone7Plusを使っているんですが、iPhoneのApplePayを使うことはほとんどなく、AppleWatchのApplePayを使う機会が圧倒的に多いです。
ポケットやカバンからiPhoneを取り出すことなく手首のApple Watchで決済が完了するのって本当に便利なんです!

初代のAppleWatchや、最新モデルの廉価版Series1では利用できませんが、AppleWatch Series2を使っているのであれば、絶対に利用した方が良いアプリです!(言うまでもなくほとんどの方が使っているとは思いますが…。)


※エクスプレスカードに設定しているSuicaはロック状態でも利用できるため、AppleWatchの管理には十分気をつけてください!

Suica

無料
(2017.01.02時点)
posted with ポチレバ

駅.Locky(watchOS 3向け)

アプリで駅を指定しておくと、コンプリケーションで次発電車の発車時刻をカウントダウン表示してくれる時刻表アプリです。

一つの駅だけじゃなく、時間帯ごとに表示したい時刻表を細かく切り替えることができるので、例えば朝は自宅の最寄り駅、夕方は会社や学校の最寄り駅の時刻表を自動的に表示させることができます。
Dockや発車時間をアラーム通知してくれる機能もあるので、watchOS 3の時刻表アプリはこれで決まり!と言い切れるアプリですよ!

AutoSleep

これまたAppleWatchアプリではなくiPhoneアプリなんですが、AppleWatchを利用して睡眠中の”安眠度”のデータを完全自動で取得してくれるアプリです。
これまでも睡眠分析アプリはいくつかありましたが、どれも睡眠開始を手動で入力する必要がありました。
でも、AutoSleepはAppleWatchをつけて寝るだけで、入眠時間はもちろん、睡眠中に目が覚めてしまった時間なども自動的に記録してくれます。

正しくデータを取得するために「Sensitivity(検出精度)」の設定が必要です。設定方法はこちらの記事にまとめているので一度確認してみてください!

Airmail(watchOS 3対応)

Mac用のメールアプリとして人気の「Airmail」のiOS版としてリリースされたアプリです。
メールはあまり使わないという人であれば標準のメールアプリで問題ないと思いますが、ある程度大量のメールを捌く必要がある人には革命的なメーラーアプリです。

Airmail01

「受信箱」を常に空っぽにするように、メールをアーカイブやリマインダーに振り分けることができるこのアプリ。
今年2月末にサービス終了した人気のメーラー「Mailbox」の代替アプリとしても現時点では最有力候補だと思います。

Apple Watchユーザーとして何より便利なのがこの”メールの振り分け”を手元で行えるというところ。
Watchアプリから細かく振り分けられるのはもちろん、通知からも「アーカイブ」「ゴミ箱」への振り分けが可能なのが便利ですね。

Mailbox系のメールアプリは使ってみるまではなかなかその便利さがわかりにくいんですが、一度使うともうこれなしじゃ考えられないほど使っていて気持ちよいアプリです。
アプリとしてはちょっと高めの有料アプリですが、十分にその価値があるアプリだと思います。

詳しい機能や使い方はこちらの記事も参考にしてみてください!


Airmail - Your Mail With You

600円
(2016.03.14時点)
posted with ポチレバ

Power 2(watchOS 3対応)

コンプリケーションでiPhoneのバッテリー残量を確認できる単機能アプリです。
何かと気になってしまうiPhoneの充電状態を、Apple Watchでスマートにチェックできるのが便利!普段iPhoneをカバンの中に入れている人や、ポケットから取り出す時にiPhoneを落としそうになっちゃう人にオススメです。


あらゆるサイズのコンプリケーションに対応しているので、お気に入りの文字盤で自由に使うことができます。

詳しい機能や使い方はこちらの記事も参考にしてみてください!

Power 2 - Watch battery life

120円
(2016.11.07時点)
posted with ポチレバ

1Password

1password

AppleユーザーにはおなじみのID/パスワード管理アプリ「1Password」。
最新バージョンの6.5では待望のAppleWatchネイティブアプリ化したことで、かなり使えるアプリになりました。
例えば、iPhoneの電源が切れてしまった時。誰かに借りた端末や、共用のPCなどので一時的にサービスを利用したい場面で、Apple WatchでIDやパスワードを表示させることができるので便利です。
利用するシチュエーションが限定的なので頻繁に使うアプリではありませんが、いざという時に絶対に役に立つアプリなので、インストールしておいて損はないと思います!

1Password

無料
(2017.01.02時点)
posted with ポチレバ

lookout

iOS向けのセキュリティーアプリ「Lookout」。
最近話題のアプリなのですでにインストールしている人も多いと思いますが、このアプリのiPhone置き忘れ防止機能がとにかく便利です!

Lookout

iPhoneとApple Watchの接続が切れる直前に通知を送ってくれるというだけの機能なんですが、ついiPhoneを忘れてしまうという人には必携のアプリ!
電車内などでスリにあった場合などでも、すぐに気づくことができるのも魅力です。
たまにiPhoneがすぐ近くにあるのに通知が飛んできてしまうこともありますが、使い始めて1週間ほどですでに何度もこのアプリに救われているので、もう手放せそうにありません。

Yahoo!天気

天気予報アプリは多数ありますが、コンプリケーションに「天気・気温・降水確率」を表示してくれるYahoo!天気が使いやすいと思います。
Apple Watchアプリは起動が遅いという欠点がありますが、コンプリケーションなら常時表示されているのでストレスなく使うことができます。
特に「ユーティリティ」の文字盤を使っている人には、画面下部のコンプリケーションはYahoo!天気を設定しておけば間違いない!!

Yahooweather

タイムトラベルにも対応しているのでデジタルクラウンを回すと12時間後までの天気をチェックできるのも便利です。
IMG 0268

なお、天気予報アプリ自体はApple Watch標準のアプリもかなり優秀。特にSiriと連携できるので、「明日の◯◯の天気は?」と聞くと教えてくれます。
この使い方も合わせて覚えておくと役に立つと思いますよ!IMG 0267

コンプリケーションの使い方がわからない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

wunderlist

GTD(Getting Things Done)でタスク管理をしている人ならすでに使っているかもしれませんが、PCやMac、iPhoneにApple Watchとあらゆるデバイスで無料で使えるタスク管理アプリ「Wunderlist」もかなり使えるアプリです。
標準のリマインダーもSiriと連動していて便利なんですが、Apple Watch版のリマインダーアプリが無いせいか今ひとつ使い勝手が悪いと思っています。
その点、Wunderlistならもっと自由に使うことができますよ。

アプリでタスクを確認できるのはもちろん、音声入力でタスクの追加も可能です。

そして何より、サードパーティ製のアプリなのに、Siriでグランスを起動できるのも魅力。
Siriに「Wunderlist(ワンダーリスト)のグランス」と話しかけると、今日のタスクリストを見せてくれるんです。

グランスなので表示も早く、すぐに”今日やるべきこと”を確認できるので、GTDを実践している人にはかなり使えるアプリになると思います。

アプリの機能や詳しい使い方はこちらの記事も参考にしてみてください。


余談ですが、GTDの名著「ストレスフリーの整理術」の全面改訂版が最近出たようです。タスク管理に興味がある人は、こちらの書籍も是非チェックしてみてください!

私のレコード – オーディオレコーダー

Apple Watch単体で音声の録音・再生ができるボイスレコーダーアプリです。

Myrec

実際にすごい頻度で使うことはないんですが、時計で音声を録音するという”スパイ気分”が楽しいアプリです。(盗聴はダメですよ。悪用厳禁!)
あとは、「Apple Watchって何ができるの?」って聞かれた時に使ってみせるとウケがいいアプリでもあります。

録音した音声はiPhoneで再生できるのはもちろん、Wi-Fi経由やAirdrop経由でMacやPCにも転送できます。
音質の設定なども可能なので、ちゃんと本格的なボイスレコーダーとして使えるアプリになっています。

アプリの機能や詳しい使い方はこちらの記事も参考にしてみてください。

Glimpse

最後は完全にブロガー向けのApple Watchアプリですが、コンプリケーションに自分のサイトのPVを表示できる「Glimplse」も魅力的なアプリです。
常に自分のサイトやブログのPVが気になってしょうがないサイトオーナー・ブロガーにとっては間違いなく必携アプリですよ!

iPhoneアプリの方で設定しておくことで、「Users(ユーザー数)」「Sessions(セッション数)」「Pageviews(PV:ページビュー数)」「New Users(新規ユーザー数)」をコンプリケーションに表示させることができます。
アプリ自体にはほぼ機能がなく、コンプリケーションの表示に特化したアプリで、タイムトラベルにも対応しているので1日のPVの推移をチェックすることもできます。
ついつい時計を見る頻度が上がってしまうのが欠点かもしれません。。

アプリの機能や詳しい使い方はこちらの記事も参考にしてみてください。


※上記の記事では書いていませんが、最新バージョンではAdsenseの売り上げを表示することもできるようになっています!!ますます時計を見る頻度が上がりますね。

おまけ

WATCHe

アプリとしての完成度は今ひとつなんですが、サードパーティー製アプリとしては本来出せないはずの”文字盤”アプリが世に出たという点に価値があるアプリです。
あくまで機械式時計の機構を解説してるアプリという建前でリリースしているので審査を通ったようですが、今後同じような手法で様々な文字盤アプリがリリースされる可能性を感じます。

アプリの機能や詳しい使い方はこちらの記事も参考にしてみてください。

WATCHe

無料
(2016.03.16時点)
posted with ポチレバ

AWJ

最後は当サイト「Apple Watch Journal」の記事がApple Watchで読めるアプリです。
AppleWatchを購入して、「せっかくだったらアプリも作ってみよう!」ということで、iPhoneアプリの作り方を勉強しながら作ったアプリなので、いろいろと突っ込みどころもあると思いますが、良かったら使ってみてください!

アプリの機能や詳しい使い方はこちらの記事も参考にしてみてください。

AWJ

無料
(2016.03.16時点)
posted with ポチレバ

というわけで、「発売日から毎日欠かさずAppleWatchを使っている私が選ぶ”本当に使えるApple Watchアプリ”11選+おまけ」でした。
Apple Watchを買ったばかりの方や、買ってみたもののいまいち使いこなせていないという方の参考になれば幸いです。

「こっちのアプリがもっと便利だよ!」「このアプリを忘れてるぞ!」などオススメアプリの情報がございましたら、Facebooktwitterで教えていただけると嬉しいです!

変更履歴

<2016/11/07追記:「LINE」→OUT、「Power2」→IN>
<2016/10/03追記:「WatchClip」→OUT、「駅.Locky」→IN>
<2017/01/01追記:「LINE News」「LifeLine…」→OUT、「Suica」「AutoSleep」「1Pssword」→IN>

LifeLine…

※LifeLine…自体は非常に素晴らしいゲームアプリですが、pokemonGoのリリースなどAppleWatchのゲームアプリは2017年大きく進化しそう!という期待感もあり、改めて別にまとめてみようと思います。
Apple Watch向けのゲームアプリってかなりの数がリリースされているものの、本当に遊べるアプリって正直ほとんどありません。
アプリの起動やレスポンスの遅さ、画面の小ささがネックになっていて、ゲームのプラットフォームとしては”今ひとつ”というのが実情です。
そんな中、唯一Apple Watchで高い満足度を与えてくれたゲームが「Lifeline…」です。

Lifeline

ゲームのジャンルとしてはアドベンチャーゲームなんですが、画面に表示されるのは基本的に文章のみ。
ゲームブックで遊んだことがある人なら、まさに”デジタル版ゲームブック”と考えていただければOK。
宇宙のどこかで不時着した乗組「タイラー」とメッセージのやり取りをしながら、彼を救出するというのが目的のゲームです。

Appleが選ぶ2015年最も優れたアプリ「BEST OF 2015 今年のベスト」にも選ばれていたので完成度はお墨付き。
Apple Watchで遊んでいると本当に実在するどこかの誰かとメッセージを送り合っているような気分になるのが不思議です。
この没入感は是非体感してもらいたいです!

アプリの詳しい遊び方はこちらの記事も参考にしてみてください。

Lifeline...

120円
(2016.03.15時点)
posted with ポチレバ

なお、同様のゲームシステムで、映画「オデッセイ」のストーリーを追体験できる「The Martian: Official Game」というApple Watchアプリもあります。
日本語翻訳されていないのがちょっとネックですが、こちらも同じように楽しいゲームなのでオススメですよ!

The Martian: Official Game

無料
(2016.03.15時点)
posted with ポチレバ

LINE(watchOS 3ではちょっと微妙…)

※watchOS 3でアプリの起動が早くなったせいか、メッセージの読み込みに時間がかかる「LINE」は相対的に使いにくく感じるようになりました…。Apple Watchで使うなら「LINE」よりも「iMessaga」の方が便利かも!

現代の日本においてはもはや必要不可欠なツールになってきた「LINE」。
Apple Watchアプリの使い心地が微妙なTwitterや、そもそもApple Watchに対応していないFacebookと比べても、Apple Watchでの操作に何が必要で何が不要かがしっかりと練られ、過不足なく盛り込まれているLINEアプリ。
さすがにモバイルを制しつつあるアプリだけあって完成度が高いです。

LINE01

アプリで読めるメッセージは”未読”の新着メッセージのみ。その場で返信をするか、既読だけつけて後でiPhoneで返信するかだけが選べる非常にシンプルなアプリです。
「返信」を選ぶとメッセージの音声入力。「スタンプ」を選ぶとスタンプで返信することができます。
「返信」「スタンプ」はアプリを開かずに通知から直接選択することもできます。

選べるスタンプはWatchアプリに最初から入っているものだけで、購入したスタンプは使えません。
ただ、送られてきたスタンプはWatchでも見ることができます。画像ももちろん表示されますよ。

LINE02

LINEはあまり長文でやりとりしないので通知画面で要件がわかることも多く、その場でサクッと返信できるのはとても便利。
LINEユーザーなら言われるまでもなくインストールしているアプリだとは思いますが、まだ使っていないという人は絶対に使いたいApple Watchアプリですよ!

LINE

無料
(2016.03.14時点)
posted with ポチレバ

LINE NEWS

※ニュース記事の全文配信が売りだったLINE NEWSですが、最新バージョンではApple Watchへニュース記事が全文配信されないように変更されてしまいました。LINE NEWSは広告で収益を出すビジネスモデルのメディアですが、AppleWatchでは広告配信が出来ないため、全文配信のメリットがないという判断だと思われます…。残念。。。

2つ続けてLINE系アプリというのはステマっぽい気もしますが、ニュースアプリもLINE推し!
iPhoneのニュースアプリならもっと使いやすいアプリがいろいろありますが、Apple Watchのニュースアプリなら「LINEニュース」が一番使いやすいと思います。

ニュースアプリの比較は以前こちらの記事でまとめたんですが、LINEニュースの良いところは”Apple Watchアプリでニュースの全文が読める”というところ。
もちろん、Apple Watchでニュース記事を熟読することなんてあんまりないんですが、Apple Watchに通知されたニュースがとても気になる見出しだった時に、わざわざiPhoneを取り出さずにWatchアプリで内容までチェックできるのはやっぱり便利です。
(他のニュース系アプリと同じように、後でiPhoneでじっくり読みたいときのための「お気に入り」ボタンも付いています。)

通知は朝昼夜の1日3回に加え、大きなニュースがあった時は号外の通知も届きます。
世間を賑わせている情報を知るためにも1つは入れておきたいニュースアプリですが、Apple Watchでの使いやすさという意味で頭一つ抜けている「LINE NEWS」はオススメですよ!

WatchClip(※watchOS 3未対応)

※watchOS 3から「グランス」機能が無くなってしまったため、当アプリはwatchOS 3以降のApple Watchでは利用できません。

WatchClipは、“ウェブページを好きなサイズで切り抜いて、AppleWatchのグランスに表示するアプリ”です。

個人的にこれはApple Watchのキラーアプリだと思っています。
乗り換え案内、時刻表、地図など、ウェブページさえあれば何にでも使えるので、乗り換えアプリや地図アプリをインストールする必要すらなくなってしまいました。
一度使い始めると本当に何にでも使える汎用アプリで、めちゃくちゃ便利です!

詳しい機能や使い方はこちらの記事も参考にしてみてください!

WatchClip

240円
(2016.03.14時点)
posted with ポチレバ

なお、似たようなアプリに「Dash for Apple Watch」というアプリがあります。(参考:レビュー記事
こちらは無料アプリで、しかもウェブじゃなく画像をグランスに表示できるのでより汎用性が高いと思っているんですが、iPhoneアプリのバッテリー消費量がちょっと多いんですよね…。そこさえ改善されれば「Dash for Apple Watch」も本当に便利なアプリです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です