【watchOS 6】AppleWatch単体でアプリをインストールする手順

Appleが今年の秋に公開を予定しているAppleWatch向けの最新OS「watchOS 6」では、AppleWatch向けにAppStoreが提供され、Watch単体でのアプリインストールが可能になります。
アメリカのApple関連の情報サイト「9to5Mac」では、早くもAppleWatch向けAppStoreの使用感についての記事が公開されています。
[ via watchOS 6: How to download apps directly on Apple Watch – 9to5Mac ]

AppleWatchのAppStoreでアプリをインストールする手順

まずは「AppStore」アプリアイコンをタップしてアプリを起動(Siriからの起動もできます)。
そのままスクロールすると、iPhoneのAppStoreの「Today」のように、Appleがフィーチャーしているアプリの紹介が表示されます。

「Search」を選択すると音声入力でアプリを検索することができます。
また、iPhoneのAppStoreの検索画面と同様に「トレンド検索」も用意されており、今流行っているアプリの検索は音声を使わずにタップだけでもできそうですね。

検索からダウンロードしたいアプリを選んで「入手(Get)」をタップすると、AppleWatchユーザーにはおなじみのサイドボタンをダブルクリックでの認証を行い、ダウンロードを行います。

ただし、AppleWatchで初めてアプリをダウンロードする際には、AppleIDの認証が必要。
AppleIDのパスワード入力は、AppleWatch上にキーボードを表示しての入力もできるようですが、iPhoneから行うほうが楽だと思うので、初めてAppleWatchでアプリをインストールする際は、iPhoneの通信圏内で行うほうがよいかもしれませんね。


「AppleWatchの単体利用の機能強化」の象徴とも言えるAppleWatch向けのAppStore。
気になったアプリを直接インストールするという体験、早く味わってみたいものですね!!

[ via watchOS 6: How to download apps directly on Apple Watch – 9to5Mac ]