【Apple Watchでできること】まとめ

Apple Watchの限定チャレンジ「国際女性デーチャレンジ」が3月8日に開催!

AppleがApple Watchユーザー向けに提供している、アクティビティアプリの限定チャレンジ。
2021年に入り、「謹賀新年チャレンジ」「ユニティチャレンジ」「心臓月間チャレンジ」と限定チャレンジが続いていますが、3月8日(月)に新たに「国際女性デーチャレンジ」が開催されることが発表されました。

「国際女性デーチャレンジ」は2018年以来、毎年開催されているチャレンジで、今回で4度目の開催となります。

例年開催日は3月8日だが、達成条件は異なる。

いずれかのワークアウトを20分以上行おう!

2021年の国際女性デーの達成条件は以下の通りです。

3月8日は、世界中の女性を称える日です!
いずれかのワークアウトを20分以上行ってこのバッジを獲得しましょう。
“ワークアウト”Appまたはワークアウト結果を”ヘルスケア”に追加できるAppを使って時間を記録しましょう。

国際女性デーチャレンジ

例年までに比べて、制限が比較的ゆるくなっているので、達成しやすいチャレンジになっています。
Apple純正のワークアウトアプリでの記録はもちろん、アクティビティとの連携機能があるワークアウト系アプリでの記録でも達成することができますよ!

達成したら限定のバッジとステッカーがもらえる!

限定チャレンジを達成すると、iPhoneの「フィットネス」アプリや、Apple Watchの「アクティビティ」アプリで確認できる限定バッジが貰えます。
特に何かの役に立つものではありませんが、限定バッジを獲得することが、日々の運動のモチベーションにもつながるので、ゲットしておきましょう!

また、メッセージアプリで使える限定ステッカーも貰えます。
正直、使い所はそんなに多くはありませんが、これも運動のモチベーションの1つとして、せっかくなのでゲットしておきましょう!

限定チャレンジを含めたアクティビティアプリの使い方は以下の動画で詳しく解説しています。
まだ、あまり使いこなしてない!という方は、ぜひ一度チェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です