【Apple Watchでできること】まとめ

Apple Watchの限定チャレンジ「心臓月間チャレンジ」が2月14日に開催!

AppleがApple Watchユーザー向けに提供している、アクティビティアプリの限定チャレンジ。
先日の「ユニティチャレンジ」に続き、2月14日に「心臓月間チャレンジ」が開催されることが発表されました。

「心臓月間チャレンジ」は2018年以来、毎年2月に開催されているチャレンジで、4度目の開催となります。

例年は7日間連続のエクササイズで達成できるチャレンジでしたが、今年は「ユニティチャレンジ」で7日間連続のチャレンジを実施済みのため、1日で達成できるチャレンジに変更されている。

60分間のエクササイズを達成しよう!

2021年の「心臓月間チャレンジ」は、2月14日にエクササイズリングで60分間の運動を記録するというもの。
Apple純正のワークアウトアプリでの記録はもちろん、アクティビティとの連携機能があるワークアウト系アプリでの記録でも達成することができます。

エクササイズリングの目標は初期設定30分。
60分となると通常の倍の運動時間を確保する必要がありますが、ちょうど日曜日ということもあり、いつもより長時間の運動にチャレンジしましょう!

また、エクササイズリングは1日の中での細かい運動時間の合計時間で記録されます。
一度に60分の運動時間の確保は難しくても、10分程度の簡単な運動を1日の中で数度取り入れるなど、細かい積み重ねで達成することもできるので、ぜひ「限定チャレンジ」の達成をめざしましょう!

達成したら限定のバッジとステッカーがもらえる!

限定チャレンジを達成すると、iPhoneの「フィットネス」アプリや、Apple Watchの「アクティビティ」アプリで確認できる限定バッジが貰えます。
特に何かの役に立つものではありませんが、限定バッジを獲得することが、日々の運動のモチベーションにもつながるので、ゲットしておきましょう!

また、メッセージアプリで使える限定ステッカーも貰えます。
これまた、使い所が多いステッカーではないですが(笑)、これも運動のモチベーションの1つとして、せっかくなのでゲットしておきましょう!

アニメーションするステッカーがいつもかわいいです!
心臓月間チャレンジのステッカーは、バレンタインデー要素もあるので、限定チャレンジステッカーのなかでは比較的使い所があるデザイン。
まあ、「メッセージ」アプリを使う機会自体がそこまで多くないんですけどね…。

限定チャレンジを含めたアクティビティアプリの使い方は以下の動画で詳しく解説しています。
まだ、あまり使いこなしてない!という方は、ぜひ一度チェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です