【Apple Watchでできること】まとめ

watchOS 6.2で追加された「App内課金」の使い方

2020年3月に配信されたApple Watch向けのOS「watchOS 6.2」。
新たに追加された機能として「Apple Watch AppのApp内課金に対応」があります。
iPhoneアプリではおなじみの「アプリ内課金」ですが、Apple Watchアプリ単体でもアプリ内課金ができるようになりました。

Apple、watchOS 6.2をリリース!watchアプリのアプリ内課金対応など

AppleWatch単体での「App内課金」の使い方

まだ提供されたばかりの機能なので対応しているアプリは少ない「App内課金」ですが、Instagramの投稿がAppleWatchで見れる「Lens for Watch」というアプリが対応しています。

無料でも投稿を見ることができますが、ストーリーの閲覧などにはアプリ内での課金が必要。
最新バージョンの1.4で、Apple Watchアプリ単体で課金ができるようになりました。

STEP.1
App内の課金ボタンをタップ

アプリ内の「課金」ボタンをタップします。
この「課金」ボタン自体はアプリの機能のため、アプリ毎にデザインなどが異なります。

「Lens for Watch」は課金額を任意で決められる仕様。「ストーリー」など課金が必要な機能を使おうとする際に課金の画面が表示されます。
なお、$250.0の表記ですが、実際は250なのでご安心ください!

STEP.2
決済画面でサイドボタンをダブルクリック

OSの機能として提供される「決済画面」が表示されます。
Apple Payの時の画面に似たデザインの画面で、アプリアイコンと課金の金額、さらにアプリの細かい情報が表示されます。
「ダブルクリックで支払い」の画面に従って、サイドボタンをダブルクリックしましょう。

「ダブルクリックで支払い」の画面は、Apple Payと似ているので、迷うことなく使えると思います!
STEP.3
パスコードを入力

ApplePayでの支払いの時と異なり、サイドボタンのダブルクリックのあとに「パスコード」の入力が求められます。
画面のロック解除の際などに使うのと同じパスコードを入力しましょう。

STEP.4
(初回のみ)AppleIDのパスワードを入力

AppleWatchで初めて課金する時だけですが、AppleIDの入力が求められます。
入力は、iPhoneのキーボードを使うか、Scribbleという手書きの入力で行います。
AppleWatch単体で課金する際にわざわざiPhoneを使うというのもなかなかありえないシチュエーションだと思うので、手書き入力を使う方が多いかもしれないですね。

初回のApp内課金の際にApp Storeへのログインが必要
パスワードの入力は「手書き入力(Sciribble)」を使う。
英語・中国語の入力としては以前から使われている機能だけど、日本語環境ではなかなか使う機会がない機能ですよね。。
STEP.5
決済完了

決済が完了し、課金機能が使えるようになります。

Apple Watch単体でのApp内課金の使い方は以上のとおりです。

まだ、対応しているアプリがほとんどないですが、この「App内課金」の仕組みが、アプリ開発者にとって価値のあるものになりそうです。
Apple Watchはまだまだ「キラーアプリ」と呼ばれるアプリが少ないので、「App内課金」が開発者のモチベーションにつながるような起爆剤になり、良いAppleWatchアプリが開発されるきっかけになると嬉しいですよね!

watchOS 6.2の新機能は、以下の動画でも紹介しているのでぜひご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です