【Apple Watchでできること】まとめ

体温をヘルスケアに記録!「体温計Watch+ for Watch」はシンプル機能が役に立つ

体温計Watch+

新型コロナウイルスの対策として、毎日体温を計測する習慣を始めている人は少なくないと思います。
毎日、せっかく体温を記録するのであれば、Appleユーザーなら「ヘルスケア」で管理しておきたいところ。
通信機能でヘルスケアに記録できる体温計も販売されていますが、「そこまで本格的な物は必要ないな〜」と思う人には、ヘルスケアに記録するためのアプリがおすすめです。

Apple Watchユーザーであれば、「ヘルスケアに体温を入力する」という単機能アプリ「体温計Watch+ for Watch」がおすすめ。
アプリを開くとすぐに体温を入力。すぐにヘルスケアに数値が反映するという、本当にシンプルなアプリです!

体温計Watch+のスクリーンショット
「体温計Watch+」のスクリーンショット。
設定から「体温」「基礎体温」の切り替えが可能。

AppStoreでは、「Apple Watchで体温が測れる」と思ってインストールした方の低評価コメントがついてしまっていますが、機能としてはあくまでヘルスケアへの入力のみ。
そこをわかって使うのであれば、無駄のない使いやすいアプリだと思います!

私も使い始めたばかりではありますが、これは良い習慣になりそう!

1つ要望があるとすれば、コンプリケーションへの対応。
Series 3以前でも使える文字盤にはコンプリケーションが提供されているんですが、「インフォグラフ」などSeries4以降のモデル限定の文字盤ではコンプリケーションが使えないんですよね…。
手軽に起動したいアプリなので、コンプリケーション対応の拡大に期待したいですね。

アクティビティや睡眠ログを記録していくことは、コロナウイルスの影響で在宅ワークになったりジムに通えなくなったりといったライフスタイルが変化したタイミングで重要な意味を持ちます。
私も、3月から在宅ワークをしているんですが、睡眠時間の変化や活動量の変化をAppleWatchのおかげで正確に把握することができました。
「体温」の計測も、また新たなライフログとして、習慣化していこうと思っています。

「アクティビティ」を記録し続けてきたメリットは、こちらの動画でも紹介しています。

ヘルスケアとの連携機能のある体温計もあるようです。
体温の記録を習慣化するのなら、こういうアイテムを使うのもいいかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です