Apple WatchでApple Pay!登録すべき最強のクレジットカード考察まとめ

Applepay dcard

2016年10月25日。ついに日本でもApple Payのサービスが利用開始になりました。
おサイフケータイやモバイルSuicaはガラケーから採用されている技術ではありますが、iPhoneやApple WatchでSuicaなどの電子マネーが使えるようになったインパクトは大きく、利用ユーザーは一気に増えています。

さらに、iPhoneだけでなくApple WatchでもApple Payが使えるようになったのも大きな進化。
特にApple Watch+エクスプレスカードによる決済は本当に便利です!
私はiPhone7 PlusとApple Watch Series2を利用しているんですが、iPhoneのApple Payはほとんど利用しなくなってしまいました。
カバンやポケットから何も出さず、手首につけたApple Watchだけで決済が完了するのって本当に楽なんですよ!
(こんなことなら、iPhoneは6のままで機種変しなくてもよかったかもしれません…(涙))

そんな圧倒的便利さを誇るApple Watchでの Apple Pay。
よりお得に使うためにはどんなクレジットカードを登録するかも非常に重要です。
というわけで、Apple WatchでApple Payを使う場合に登録すべき”最強のクレジットカード”についてまとめたいと思います。

最もお得にApple Payを使うなら「dカード」がオススメ!

Apple Payを手軽に楽に使おうと思うと後述するSuicaが便利ですが、最もお得にApple Payを使いたければ、ドコモが発行している「dカード」「dカード GOLD」がオススメです。

Pict dgold card

Apple Payで最強のポイント還元率で実施中の「dポイント5倍キャンペーン」は来年の3月までの期間限定ですが、dカードは定期的にかなり還元率の高いキャンペーンを繰り返しています。
Apple Payに対する取り組みも他キャリアより積極的なこともあり、ドコモユーザーはもちろん、ドコモ以外をお使いの方もApple Payに登録しておいて損はないカードだと思います。

キャンペーンはエントリー制なので、すでにdカードを持っている人や、これからdカードを発行する予定の人は、dカードのキャンペーンサイトから「エントリー」するのを忘れないように気をつけましょう!
Keyvisual
キャンペーン詳細⇒dカードならApple Payのご利用でもれなくdポイント5倍キャンペーン!

dカードをよりお得に使えるのがローソンとマクドナルド。
例えばローソンの場合、dカードでiD決済した場合のポイント還元率が5%!(キャンペーン期間中は9%!)
普段よく使うコンビニがローソンという人はdカードを使わない手はないと思います。
(厳密に5%が還元されるわけではなく、iD決済で3%オフ+クレジット決済時の1%のポイント還元、さらに店頭でのカード提示で1%ポイント付与の合計5%分お得になる計算です。)

ただ、ローソンの決済システムがやや利用しづらい点と、還元される5%のうちの1%は店頭でカードを提示する必要があり、結局カードを出すならApple Payで支払う意味がない点が気になります…。
もちろんカード提示しなくても4%の還元は受けられるのでそれでも非常にお得なんですが、なんだかもったいない気がしてしまって…。

マクドナルドの場合、決済システムはローソンと違いシンプルで利用しやすいんですが、ローソンと同様に4%までは自動で還元されるものの、残る1%を還元するためには、やはりカードの提示が必要です。
(なお、マクドナルドでのカード提示によるポイントは首都圏の一部店舗の限定なのでローソンほどの大きなインパクトはないと思います。)

エクスプレスカードが使えるSuicaに比べると、サイドボタンのダブルクリックによる認証が必要になるのはもちろん、最大限お得に使えるはずのローソンやマクドナルドでカードを提示しないとポイントを取り損なうというちょっとクセのあるカードですが、それでもdカードのポイント還元率の高さはやはり魅力的。
Apple Payを出来る限りお得に利用したい場合は「dカード」が大本命です。

さらに、ドコモユーザーで携帯の利用料金やドコモ光の利用料金の合計金額が毎月1万円以上であれば「dカードGOLD」をオススメします。
「dカードGOLD」は10,000円(税抜)のやや高額な年会費が必要なカードですが、携帯電話料金・ドコモ光利用料金でたまるdポイントが10倍になり、毎月1万円以上支払いをしているユーザーであれば年会費分の元を取るのは難しくありません。さらに携帯保証や空港ラウンジの無料利用、旅行保険など特典も充実しているので、ドコモユーザーなら「dカードGOLD」も検討してみてはいかがでしょうか!
Apple Payには現在VISAカードの登録ができないので、新たにカードを発行する際にはJCBまたはMasterCardを指定しましょう。


エクスプレスカード最強!Apple WatchのApple PayはSuicaが便利

現在Apple Payで利用できる決済方法は、Suica、iD、QUICPayの3種類。
Apple WatchでApple Payを使う場合だと、その中でも「Suica」が圧倒的に便利です。

Applepay suica

というのも、日本版のApple Payには「エクスプレスカード」という設定が用意されていて、Touch ID やパスコードなどの認証を利用せずにSuicaを使うことができるんです。
iPhoneの場合であればTouchIDによる認証の有無はあるものの、決済するための”動作”には大きな違いはありません。
一方、Apple WatchでApple Payを使う場合は、通常はサイドボタンのダブルクリックが必要で両手を使って操作しなければいけないのに対し、エクスプレスカード設定のSuicaの場合は片手をかざすだけ。
この違いはかなり大きく、iDやQUICPayと比較した際の大きなアドバンテージになります。

クレジットカードと同様に後払いで使えるiDやQUICPayと違い、Apple PayでSuicaを使うためには、基本的にクレジットカードによるチャージが必要です。
Suicaアプリを使うことで、Apple Payに直接の対応をしていないVISAカードを含むほとんどのカードでチャージが可能ですが、よりお得に使おうと思うなら、以下のカードがおすすめです。

オートチャージで手間いらずなのに1.5%還元の「Viewカード(ビューカード)」

Bic card01 img

Apple PayでSuicaを使うなら、大本命なのが「Viewカード(ビューカード)」
Suicaアプリにカードを登録することで、唯一オートチャージが使えるのが非常に便利です。

さらに、Suicaへのチャージに使った場合のポイント還元率の高さも魅力的。
Viewカードは、通常の利用であれば1,000円につき2ポイント(5円相当)、つまり還元率0.5%のカードなんですが、定期券の購入やチャージを行った場合、貯まるポイントは3倍の1,000円につき6ポイント(15円相当)で還元率1.5%になります。
dカードの5%に比べるとちょっと見劣りするようにも思えますが、一般的にクレジットカードのポイント還元率は1%で高いと言われるので、1.5%はなかなかの高還元率。
しかもアプリで最初に設定さえしてしまえば、あとは自動的に1運用できるのはかなり魅力的です。

Viewカードにはいくつか種類がありますが、その中でも一番おすすめなのは「ビックカメラSuicaカード」
初年度年会費無料に加え、次年度以降も一度でもカードの利用があれば年会費無料です。
ビューカードで実質年会費無料で運用できるカードは「ビックカメラSuicaカード」だけなので、Apple Payのために新たにViewカードを作るのであれば「ビックカメラSuicaカード」がオススメです。

ちなみに、Viewカードには他にも様々な種類があります。
ルミネでよく買い物する人にはルミネカード、イオンのイオンカード、千葉駅ビル「ペリエ」や盛岡駅ビル「フェザン」、水戸駅ビル「エクセル」などの地域密着型カードも多数。
横浜銀行のクレジットカードと一体型の「横浜バンクカードSuica」など、ライフスタイルによっては「ビックカメラSuicaカード」以上にお得に使えるカードもあるので、一度チェックしてみてください!

ちょっと手間はかかるけどポイント還元率最強の「LINE Payカード」

Card Brown

オートチャージで自動的にポイントが貯まっていくViewカードに比べるとちょっと手間がかかるものの、最大で3%のポイント還元率でSuicaを運用できるのが「LINE Payカード」です。

名前の通り株式会社LINEが発行しているカードで、クレジットカードではなくチャージして使うプリペイド型のカードになります。
LINE PayカードはJCBブランドのカードなので、JCBのカードが使える場所ならどこでも使えるんですが、なんとポイント還元率が脅威の2%!
そのポイント還元率の高さから、今注目を集めているカードです。

この、LINE Payカードは直接Apple Payに登録することはできませんが、Suicaアプリに登録することで、Suicaへのチャージに利用することができます。
Viewカードのようにオートチャージはできないものの、Suicaへのチャージの場合もポイント還元率は2%で、Viewカードの1.5%を上回る還元率で運用できるわけです。

さらに、LINE Payカードにはもっとお得に利用する方法があります。
LINE Payへのチャージにはコンビニ払いが利用できるんですが、ファミリーマートでのコンビニ払いに限り「ファミマTカード」というクレジットカードが利用できるんです。
「ファミマTカード」のポイント還元率は0.5%と普通なんですが、毎週火曜日・土曜日の「カードの日」に利用すると還元率が1.0%に上昇します。

つまり、ファミマTカードでLINE PayにチャージのタイミングでTポイントが1%還元。
さらにLINE PayカードでSuicaにチャージした際にLINEポイントで2%還元。
合計3%の超高還元率でポイントを貯めることができます。
なお、LINE Payへのチャージに利用できるのはクレジットカード型の「ファミマTカード」のみでデビットカードの方は利用できないので、新たにカードを発行する際はご注意ください。

実際に使用する時にはSuicaとして使用するので利用範囲は極めて広く、それで還元率3%の運用ができるカードは唯一無二です。
毎度のチャージの際に少し手間がかかってしまいますが、その手間を補って余りあるお得なカードだと思います。

QUICPayを使うなら「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」がお得!

QUICPayの場合もiDと同様利用時にサイドボタンをダブルクリックする必要があるのでSuicaほど手軽に使えないものの、やはり一枚は登録しておきたいものです。
QUICPayの場合、Suica用でオススメの「ビックカメラSuicaカード」をApple Payに登録するとQUICPayとして登録されるので、新たにQUICPay用のカードを作成する必要はあまりないかもしれません。
ただ、QUICPayの利用シーンが多そうな場合や、少しでもお得なカードを使いたいという場合は「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」がオススメです。

App2 gold radio bland1

「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」は年会費が発生するカードではありますが、年会費自体が1,950円(税込)と比較的安く、通常の1%のポイント還元に加えて電子マネー(QUICKPay)利用による0.5%のポイント加算が加わるため、Viewカードと同様の1.5%ポイント還元率での運用が可能です。
また、入会後6カ月間はポイント還元率が2.0%にアップするため、半年間だけではあるもののポイント還元率2.5%で運用できるためかなりお得です。

なお、年会費無料の「Orico Card THE POINT」というカードも用意されています。
こちらは電子マネーの0.5%加算はありませんが、ポイント還元率1%は悪くないですし、入会後6か月の還元率が2.0%になる点も変わりません。
ポイント還元率以外にも、オリコモール利用時のポイント加算や旅行時の付帯保険など「PREMIUM GOLD」の方が特典は多いものの、ポイント還元率の差5%のみで PREMIUM GOLDの年会費分を補うと考えると、年間40万円ほどの利用が必要になります。
そういう意味では、利用方法によって「Orico Card THE POINT」の方がお得に感じる人もいると思うので、よく比較検討してみてください!

こちらもdカード同様、VISAで作成するとApplePayへの登録ができないため、JCBまたはMasterCardを指定するのを忘れないでくださいね!

私がApple WatchのApple Payに登録しているクレジットカードは?

ちなみに私が登録しているクレジットカードは「ビックSuicaカード」「dカード GOLD」の2枚。
LINE Payカードも発行していますが、やはりチャージの手間が面倒に感じてしまって「ビックSuicaカード」でのチャージに落ち着いています。
(念のためLINE Pay用のSuicaもiPhone側に残しています。ガラケーやAndroidのモバイルSuicaと違い、複数枚のSuicaを管理できるのはこういう時ありがたい!)

My applepay

実際に利用しているのはビックSuicaカードと紐付けている「Suica」と、dカードGOLDに紐付けている「iD」のみ。ビッグSuicaカードはQUICPayとしても使えますが、SuicaとiDで事足りるので、QUICPayは未だに一度も利用していません。
利用頻度で言うと、やはり「dカード」のApple Pay利用でポイント5倍キャンペーンがあまりに魅力的で、電車に乗る時以外は「iD」を利用することのほうが圧倒的に多くなりました。
キャンペーンが終わる来年4月以降は、Suicaの利用に移行していくかもしれませんが…。


以上、Apple WatchでApple Payするためのおすすめクレジットカードのまとめでした。
もちろん、ライフスタイルやこれまでの利用歴などによって便利なカードは変わってくるとは思いますが、「これから新たにApple Pay用にクレジットカードを作ろう!」と考えている人はぜひ参考にしてみてください!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です