【watchOS 3】最大の目玉機能「Dock(ドック)」の使い方まとめ

Watchos 3 dock

今秋リリース予定のApple Watch向け新OS「watchOS 3」。
watchOS 3はかなりインパクトのあるアップデートになりそうですが、ユーザーの使い心地において一番大きな変更となるのが、新機能「Dock」になるのではないでしょうか。
Dock(ドック)は、watchOS 2まで採用されていた「グランス」の機能をさらに拡張した機能で、かなり使用頻度の高い機能になると思われます。

「Dock(ドック)」とは?

Dockは、Apple Watchのサイドボタンを押すことで機動するアプリのランチャーです。
Dockからのアプリ起動はローディングが発生しないため、非常に高速なアプリの起動が可能となります。

Vlcsnap 2016 06 23 05h28m07s579

“サイドボタン”は、従来は「友達」の機能に割り当てられていましたが、「友達」は削除され(連絡先に統合される?)、Dockに置き換わります。
アプリのランチャーとしては、watchOS 2では「グランス」が採用されていますが、グランスの機能がDockとして進化することになります。
グランスの起動に使われていた、”文字盤の下端を上方向にスワイプする”というアクションは、コントロールセンターの起動のアクションに変わります。

<参考:【watchOS 3】新機能「コントロールセンター」の使い方

グランスは文字盤が表示されている時しか利用できませんでしたが、Dockはアプリケーションの使用中など全ての画面で使えるので、利便性はかなり向上しそうです。

Dockに登録しているアプリは左右方向に並びます。画面をスワイプすることでDockの画面も左右にスクロールしますが、デジタルクラウンを回すことでスクロールすることも出来ます。

Dockに置いたアプリはバックグラウンドで起動しており、アプリ内の更新情報はリアルタイムに画面上に反映されます。
グランスと同様に、アプリを起動するほどではないけれど情報をちょっと見たいという「チラ見」のニーズにもしっかりと答えてくれます。

Vlcsnap 2016 06 23 05h16m41s733
▲タイマーのDock画面。タイマー使用中は残り時間がリアルタイムに反映されています。

「Dock(ドック)」の管理方法は?

アプリをDockに追加する

Vlcsnap 2016 06 23 05h17m52s132

アプリをDockに追加する方法は以下のとおり。いたって簡単です。

1. 追加したいアプリを起動する
2. サイドボタンを押してDockを起動する
3. Dockに「最後に使ったアプリ」のカードがあり、カードの下に「Keep in Dock(ドックに追加する)」ボタンがあるのでタップする

また、iPhoneの「Watch」アプリから追加することも出来ます。

アプリをDockから削除する

削除の手順は、以下のとおりです。

1. サイドボタンを押してDockを起動し、削除したいカードに移動する
2. カードを上方向にスワイプする
3. 「Remove(削除)」ボタンをタップする

iPhoneの「Watch」アプリから削除することもできます。

Dockを並び替える

カードを長押し(フォースタッチではなく普通の長押し)するとカードのドラッグが可能となり、並び替えることができます。
※現在開発者向けにリリースされているbeta版では、うまく動作しない場合があるようです。その場合は、Apple Watchを再起動することでドラッグ可能になります。

並び替えももちろんiPhoneの「Watch」アプリから実行可能です。


watchOS 3最大の目玉機能とも言える「Dock(ドック)」。
現在のソフトウェアでは、グランス同様に20個までのアプリを追加可能なようですが、十数個のアプリがちゃんとバックグラウンドで動作してくれるのか?バッテリーの使用に影響はないのか?と言った疑問もわきますが、Apple Watchアプリの利便性が大きく増すのは間違いありません。
本当に秋が待ち遠しい新機能と言えそうですね!

[ via The Dock in watchOS 3 breathes new life into the Apple Watch [Video] | 9to5Mac ]