「My Face」「Face Gallery」、iOS10のWatchアプリでできること

Watchos3 beta1 face gallery

先日開催されたAppleの開発者向けイベントWWDCで発表された、Apple Watch向け新OS「watchOS 3」。
かなり大きなアップデートとなりそうですが、母艦となるiPhoneの「Watch」アプリにも様々な変更点があるようです。

メニューに「Face Gallery」が追加

17315 14708 IMG 8570 xl

現在「マイウォッチ」「詳しく見る」「おすすめ」「検索」となっているアプリ最下部のメニューが、「My Watch」「Face Gallery」「App Store」「Search」に変更になります。
正直「詳しく見る」は必要な機能だと思っていなかったので、”使える新機能”であるFace Galleryと置き換わるのは非常に嬉しい改善点です。

自分専用の文字盤リストを管理する「My Face」

Watchos3 beta1 face configuration

Watchアプリを開いて最初に大きく変わるのが「My Face」のコーナー。
現在、Apple Watchの文字盤をフォースタッチして表示する要素を、iPhone側でも管理することができます。

watchOS 3では文字盤を左右にスワイプすることで文字盤を切り替えることができますが、「My Face」により”どういう文字盤をどういう順番に並べるのか”を管理することが出来ます。
また、従来はApple Watchの文字盤をフォースタッチすることで行う各文字盤のカスタマイズですが、同様なカスタマイズをiPhoneからも行えます。
文字盤上でデジタルクラウンを使って設定するよりも明らかにカスタマイズ操作が楽で、どういう設定が可能なのかも一覧できるので、カスタマイズの楽しみが広がりそうです。

なお、My Faceの下には「Complications(コンプリケーション)」「Notification(通知)」「App Layout(Appのレイアウト)」「Dock(ドック)」が並びます。
現在の「グランス」が「Dock」に置き換わる他、「App Layout(Appのレイアウト)」のアイコンデザインが変更になっています。

文字盤を一望できる「Face Gallery」

Watchos3 beta1 face gallery

どんな文字盤が設定できるのかを一覧できるのが、あらたにメニューに加わった「Face Gallery」。
「New in watchOS」から、現在サポートされている文字盤の種類を確認できるほか、「Activity」「Mickey Mouse and Minnie Mouse」などの各文字盤ごとに、カスタマイズ例もチェックすることが出来ます。

気になるデザインの文字盤は詳細画面でさらに細かくカスタマイズでき、「ADD」ボタンを押すことでMy Faceに追加することもできます。
各文字盤には概要説明文(Description)も用意されているので、それぞれの文字盤に対する理解も深まり、さらに愛着が湧くという効果も期待できそうです。

また、My Watchの機能内で収まりそうな文字盤の管理をあえて「Face Gallery」として切り出しているというアプリの設計を見ると、将来的に更に大量の文字盤デザインが用意されることや、サードパーティ製の文字盤サポートが開始されることを期待せずにはいられません!

大きく進化をとげたwatchOS 3がさらに成長するために、文字盤のさらなる拡充を期待させるiOS10版「Watch」アプリ。
今年の秋にiPhone7と同時発売、または来年の4月に発売と、様々な噂が飛び交う「Apple Watch 2」ですが、そこで新しい文字盤やサードパーティへの文字盤の開放が同時に発表されるというのも夢物語ではないのかもしれませんね。

[ via Inside the betas: watchOS 3 promises a real speed boost | iLounge Article ]
[ via Inside watchOS 3: Customize your Apple Watch display on a workout-by-workout basis ]

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です