Apple、ARヘッドセットを2022年に、ARグラスを2023年に発売か!テックメディア「インフォーメーション」が報じる

有料会員制のテック系メディア「インフォメーション(The Information)」が、Appleが開発中とされるARグラスに関する記事を公開しています。

記事によると、Appleは2022年にARヘッドセットを発売。
翌2023年には、「よりスマートな」ARグラスを発売する計画になっているようです。

「インフォメーション」の記事によると、この2022〜2023年の販売計画は、Appleの内部プレゼンテーションで発表されているタイムライン。
内部プレゼンテーションと言っても、Appleの製品発表会でも利用されるスティーブジョブズシアターにて、1,000人規模で開催された会議での発表だったらしく、かなり大規模なチームでの開発が動いていることがわかります。

ARグラスに関しては、すでにApple関連の予測で知られるアナリストのMing​​-Chi Kuo氏を始めとする複数のアナリストが、2020年の発売を予想しています。

アナリストの予想の根拠は、サプライチェーン関連からの情報のようですが、今回の「インフォメーション」の記事はAppleの内部情報がソース元。
「インフォメーション」の記事の方が、根拠としては強そうにも感じますが、実際どうなるかはAppleの正式発表を待つしかありませんね。。。

2022年発売の「ARヘッドセット」は室内向け?

2022年発売とされる「ARヘッドセット」は、イメージとしてはFacebookのOculus Questに近いものの、より洗練されたデザインと軽量素材により、快適に長時間の装着ができるものになるようです。

「VR」ではなく「AR」なので、MagicLeapのようなデバイスに近いイメージになりそうですね。

[ via Home | Magic Leap ]

ヘッドセットは、「3Dスキャン」や「人体検知」などに優れたセンサ類を搭載しており、高解像度ディスプレイとカメラも搭載。
ディスプレイは小さな文字でも読める解像度であるのはもちろん、仮想オブジェクトの前後の人を見ることができるようです。

仮想オブジェクトの”前後の人”ということは、ただ映像を重ねるだけではなく、人間の位置や形をセンシングして、人間の背後に回り込むように映像を重ねることも可能ということ。
ただの平面的な映像としてではなく、立体的に情報を重ねることができるということで、表現としての面白さにも期待が高まりますね!

また報道によると、2021年にはサードパーティのソフトウェア開発者に対し、ARデバイス向けのアプリを開発するよう奨励し、ヘッドセットが2022年以前にプレビューされる可能性もあると、Apple幹部による発言もあるようです。

2023年発売の「ARグラス」はよりスマートで日常使いのデバイスへ

さらに2023年発売のARグラスは、文字通り「glass(メガネ)」型のデバイス。
ヘッドセットに比べると、スマートで、より”ただのメガネ”に近いデザインで発表されると思われます。

ARヘッドセットと同等の機能が搭載されるかは不明ですが、普通のメガネ感覚で使えるデザインであれば、かなり生活を変えるデバイスになりそうです!

AirPods Proで「耳がアップデートされた!」という感覚を味わっている人も多いと思いますが、耳の次は目!!
スマホの登場に匹敵するくらいの大きなライフスタイルの変化が期待できるデバイスということで、2020年説にも期待を持ちつつ、2022年 or 2023年の発表を待ちたいところです!!

[ via Apple Said to Release AR Headset With 3D Scanning in 2022, Followed by Sleeker Glasses in 2023 – MacRumors ]
[ via Apple Eyes 2022 Release for AR Headset, 2023 for Glasses — The Information ]