【Apple Watchでできること】まとめ

Apple Watch Series 6にTouchID搭載か!デジタルクラウンで指紋認証が可能に

Apple Watch Series 6にtouchID搭載か

2020年9月に発売が予想されているApple Watch Series 6で、Apple WatchにTouchIDが搭載される可能性がありそうです。

デジタルクラウンにTouchIDセンサが搭載か

Appleに関する情報サイトとして有名な米MacRumorsが報じた内容によると、TouchIDに必要な指紋認証センサーは、Apple Watchのデジタルクラウンに組み込まれることになりそうです。

デジタルクラウンはApple Watch Series 4以降、「ECG(心電図)」のためのセンサーを搭載していますが、新たに指紋認証用のセンサーにも対応すると見られています。

Apple Watch Series 6では、他にもバッテリー持続時間を伸ばすディスプレイの採用などが予想されています。

Apple Watch Series 6, watchOS 7の最新情報まとめ 【2020年最新】Apple Watch Series 6, watchOS 7の最新情報まとめ

次々世代のSeries 7では画面組み込み型のTouchIDセンサが採用!?

また、Apple WatchのTouchIDは、2021年に発売されると見られるApple Watch Series 7では、デジタルクラウンではなく「画面組み込み型」のTouchIDにアップデートされるとの見方もあるようです。

すでに一部のスマホでは採用されている画面組み込み型の指紋認証機能。
確かにデジタルクラウンに比べて面積の広い画面をセンサーとして利用できれば、指紋の検出と認証の時間は大きく短縮できそうですよね!

[ via Apple Watch Series 6 Could Feature Touch ID Fingerprint Sensor, Pulse Oximetry and Sleep Tracking Support – MacRumors ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です