AppleWatch Series4、画面のサイズはどう変わる?40mmと44mm、最適なサイズはどっち?


新型AppleWatch「AppleWatch Series4」。
今回のアップデートはケースのサイズやディスプレイのサイズが変わる大きな変更が入り、どのモデルを買えばよいのか悩みどころの多いモデルチェンジとなっています。

実際に見ないとサイズの印象はなかなかつかみにくいところもありますが、AppleWatchのアプリ開発者向けに公開された動画の中で、Series4の2サイズとSeries3の2サイズを比較したアプリデザインのための動画がとてもわかりやすかったので内容を紹介したいと思います。

Apple Watch Series4の画面サイズはこう変わる!

AppleWatch Series4のケースサイズは40mmと44mm。Series3までの38mmと42mmから、それぞれ2mmづつ大きくなっています。

40mm、44mmは画面の縦のサイズ。ディスプレイのフチまでの長さでケース部分の幅は含みません。

解像度は、Series3では38mmが272×340ピクセル(563平方ミリメートルの表示領域)、42mmが312×390ピクセル(740平方ミリメートルの表示領域)に対し、
Series4では、40mmが324×394ピクセル(759平方ミリメートルの表示領域)、44mmが368×448ピクセル(977平方ミリメートルの表示領域)になります。

Series3の画面解像度

Series4の画面解像度

Series3とSeries4の画面を並べてみると画面の縦横比にも少し変化があり、Series4の画面の方が少しだけ横広なのもわかります。
(Series3の縦横比が1:1.25なのに対し、Series4では1:1.22くらい)

Series3の42mmとSeries4の40mmの画面を重ねてみると、この2モデルの画面サイズはほぼ同じであることがわかります。
しかも、画面の解像度で言えば、40mmモデルのほうが縦4ピクセル、横12ピクセルと42mmよりもむしろ僅かに大きいこともわかります。

この点だけ考えると、今まで42mmを使っていた人がAppleWatchの画面で見ていた情報密度と同じくらいのものが40mmモデルで見ることができることになりますね。

40mmと42mmがほぼ同じ大きさということで、開発者向けのガイドではこの2サイズを中心に、小さいモデル(38mm)、大きいモデル(44mm)へのデザイン展開をするようにアドバイスしています。

いままで42mmを使っていた人は40mmか44mmか、本当に悩ましい…

AppleWatchを今回”買い替え”で購入する人にとっては、元々38mmを使っていた人は迷わず40mmで良いと思いますが、42mmを使っていた人は「画面サイズがほぼ同じ40mm」「より画面が大きい44mm」で迷うことになりそうです。
買い替えの人にとっては、38mm→40mm、42mm→44mmで実際にどのくらい画面サイズが変わるのかは以下の画像がわかりやすいと思います!

Series4とSeries3の画面サイズ比較。緑の四角がSeries4の画面サイズ、白い点線の枠がSeries3の画面サイズ。

私はやはり大きいほうがよい!ということで44mmを予約済ですが、これまで42mmに慣れていた人にとっては40mm、44mmどちらも選択肢として一理あるので、買い替えユーザーにこそ選択に迷う新型になりましたね…。

すでに予約済の人たちはどちらのサイズを選んでいるのか?

Series4のサイズ選びは本当に難しいポイントなので、「実際のところ、予約済みの方たちはどのサイズを選んだのか?」はとても参考になるデータだと思います。
そこで、Apple Watch JournalのTwitterアカウント上で今アンケートを実施中です。

すでに予約済みの皆さん!是非皆さんの貴重な意見を教えてください!
そして、これから購入予定の悩める皆さん!先人たちの選択を是非参考にしてみてください!