【Apple Watchでできること】まとめ

アプリの起動速度が7倍!SpriteKitをサポート!WWDC2016で発表されたwatchOS 3の新機能まとめ

Top2

日本時間で本日6月14日の午前2時から開催されたWWDCの基調講演で、Apple Watchの新OSであるwatchOS 3が発表されました。
※以前から噂されていたとおり新型Apple Watch(Apple Watch 2)の発表はありませんでした。

watchOS 3は、アプリ起動の高速化、ドックの実装、緊急通話機能など、かなり大きなアップデートになるようです!
また、開発者向けには、SpriteKitのサポートやタッチイベントのサポートなど、今までかなり制限がかかっていた部分で大きな改変が見られました。

今回のWWDC基調講演では、一番最初に長時間をかけてwatchOS 3の発表の時間が設けられていました。
今後も、AppleがApple Watchに力を入れていくという意思表示であり、Apple Watchユーザー的にも安心できる発表だったのではないでしょうか。

各アップデートの詳細は、以下をご参照ください。

アプリの起動速度が高速化!最大7倍!?

Wwdc2016 01

Apple Watchの最大の問題点であった”アプリの起動速度”には大きな改善が見込めそうです。
サードパーティのアプリも、メモリ上に常駐させることができ、バックグラウンドでの更新や情報のリフレッシュが可能で、起動速度や反応速度が”7倍”になるとのこと。
これはかなり使い心地が向上するのではないかと期待できます!早く使ってみたいですね。

Dockの追加

Wwdc2016 02

MacユーザーであればおなじみのDock(ドック)が、Apple Watchにも追加されます。
よく使うアプリを登録しておくと、アプリの起動がより簡単になりそうです。
画面の表示もリアルタイム(?)で更新されるようです。

Dockはサイドボタンを押すことで起動するようですが、従来のサイドボタンの機能である”「友達」を表示”がどうなるのでしょうか…

<参考:【Apple Watchの疑問】なぜApple Watchのサイドボタンをダブルクリックしても何も起きないの?

コントロールセンター

Wwdc2016 03

iPhoneではおなじみのコントロールセンターも実装されるようです。
ウォッチフェイスを下から上へスワイプすることで表示されます。

watchOS 2でのグランス起動と同じ操作ですが、グランスの機能は上述したDockに組み込まれ、下から上へのスワイプはコントロールセンター用の動作になると思われます。

メッセージの手書き返信機能

Wwdc2 16 04

メッセージの返信方法として、従来の音声入力、絵文字、定型文に加え、手書きによる入力が追加されます。

Wwdc2016 05

デモを見る限り入力の精度はかなり高そうです。
英語だけでなく中国語にも対応しているということですが、リリースまでに日本語にも対応してもらえると嬉しいですね!

ウォッチフェイスの追加

新しいウォッチフェイスがいくつか追加になるようです。

3色展開のミニーマウス!
Wwdc2016 06

アクティビティーに特化したウォッチフェイス!
Wwdc2016 07

そして、超シンプルなデザインも用意されました。
Wwdc2016 08

また、時計表示の状態で画面を左右にスワイプすることでウォッチフェイスの切り替えができるようになり、今まで以上に気分によってお手軽に文字盤を変更することができるようになります。

個人的には今回の新しいウォッチフェイスは今ひとつ…。サードパーティ製のウォッチフェイスが利用できるようになるといいんですが…。

純正のリマインダーアプリ

Wwdc2016 09

デモの中でサラリと触れられていましたが、純正のリマインダーアプリもバンドルされそうです。

カスタムタイマー

Wwdc2016 10

同じくデモの中でさらりと触れられていましたが、よく使う時間を予め設定しておける”カスタムタイマー”機能も用意されます。
タイマーをよく使う人にとっては、なかなか便利な機能になりそうです。

緊急通話

Wwdc2016 11

Apple Watchから緊急通話の発信ができるようになります。
サイドボタン長押しのメニューに”緊急通話の発信”が追加され、すぐに通話を開始することができます。

Wwdc2016 12

医療用の個人情報であるMedical IDも表示でき、いざというときに役立ちそう!
日本ではどこまで機能が使えるのか興味がわきます。

アクティビティーのシェア

Wwdc2016 13

アクティビティアプリから、アクティビティ結果のシェアが可能になります。
モチベーションの維持に効果が高そうですね。

アクティビティの車いす対応

Wwdc2016 14

車いすをお使いの方でもアクティビティの結果を記録することができます。
車いすす協会と共同で開発を進めており、かなりの精度で運動の結果を記録できるようになるとのことです。

正しい深呼吸のためのアプリ『Breathe』

Wwdc2016 15

健康系の新しいアプリとして、深呼吸の正しいやり方を促してくれる『Breathe』というアプリが登場するようです。
定期的に深呼吸を促し、深呼吸の正しいリズムを画面上で支持してくれます。
欧米ではメディエーション(瞑想)が最近かなり人気のようですが、そのお手軽版といった感じで気軽に精神を落ち着けることができるのでしょうか。

Apple Watchのおかげで定期的に立ち上がる習慣は随分身につきましたが、次は深呼吸の習慣化が身につくのでしょうか。
Wwdc2016 16

[開発者向け]ワークアウト系の機能サポートが拡大

Wwdc2016 17

サードパーティアプリにはワークアウト系の機能のサポートが拡大します。
バックグラウンドでのワークアウトを記録できるようになったり、リアルタイムの心拍数、ジャイロスコープなど各種センサへのアクセスも拡大します。
ワークアウト系のアプリを作りたい開発者には、大きな進歩が見込めそうです。

[開発者向け]SpriteKitのサポートなどゲーム開発系の機能が大幅拡大!

Wwdc2016 18

Apple Watch向けのゲームを作りたい開発者にも大きな変化が期待できます!
待望のSpriteKitのサポートや、Game Centerの対応、ビデオやオーディオのサポートに、デジタルクラウンやタッチイベントのサポートと、従来大きく制限をされていた部分がかなり大きく開放されます。
どうやって収益化するかという部分は依然として課題ですが、開発できるアプリの幅はかなり大きく拡大しそうです。

これは開発者の皆さんが本当に待ち望んでいたニュースでは無いでしょうか!

watchOS 3のリリースは今秋!

Wwdc2016 19

watchOS 3の一般向けリリースは今年の秋とのこと。
緊急通話や手書き入力など、一部の機能は日本でも使えるようになるのか不明な部分はありますが、watchOS 2以上に大きな革新となりそうです。
特にwatchOS 3でアプリ開発者に開放される機能の変更が大きく、秋以降、サードパーティから便利なアプリがどんどん登場することが期待できそうです!
今後ベータ版のリリースなどでより詳しい情報が出てくると思いますが、当サイトApple Watch Journalでもしっかり追いかけて行きたいと思います!

というわけで、WWDC2016で発表されたwatchOS 3の新機能まとめでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です