AppleWatchのCM、日本版が新たに7本公開。ApplePay以外のすべてのCMが日本対応しました!

20151113000046

10月に一気に13本のCMを公開し、”AppleWatchのある暮らし”の魅力を様々な角度から伝えているApple。
CMの日本語化も少しづつ進み、10月末には4本の動画が日本でも公開になり、Appleの公式サイトApple JapanのYoutubeチャンネルはもちろん、TVCMでも話題になっていました。

そして、今回新たに「Dance」「Kiss」「Style」「Play」「Travel」「Move」「Ride」の7本のCMが日本語対応。
これまでに公開された13本のうち、日本では利用できないサービス「ApplePay」を扱った2本を除く11本すべてのCMが日本語へローカライズされました!

【前回の4本はこちら】
AppleWatchのCM、日本版も4本公開。Apple Payとルート案内のCMはローカライズされず

【米国版のCMはこちら】
Appleが伝えるApple Watchのある暮らし。 メッセージ機能やフィットネス機能にフォーカスした新CM6本を公開
AppleWatchのある暮らしはこんなにスマート!SiriやWallet、ApplePayなどを紹介する新CM7本が公開

https://www.youtube.com/watch?v=2rPsAVKUGak

Siriでの音楽再生の様子を扱う「Dance」。
シンガーのレオン・ブリッジズが登場し、Siriによる音声操作でINXSの「Need You Tonight」を再生します。
キャッチコピーは「リクエストを一言で」。オリジナルのキャッチコピーは「JUST SAY PLAY(”PLAY”って言うだけ)」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=fVx5T1d5X4g

Uberアプリの通知を一瞬チラッと確認し場をしらけさせずにやり通す「Kiss」。
キャッチコピーは「ごゆっくり」。オリジナルのキャッチコピーはT「AKE YOUR TIME(ゆっくりね。)」

https://www.youtube.com/watch?v=TPYOzk4AidQ

AppleWatchの着せ替えを楽しむのが「Style」。
モデルで女優のクロエ・セヴィニーが出演しています。
キャッチコピーは「MIXしよう」。オリジナルでは「MIX IT UP(ごちゃ混ぜにしよう)」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=96a2MLo9Uak

伝説的なヒップホップグループ「ウータン・クラン(Wu-Tang Clan)」のリーダーで俳優としても活躍するRZAが、ピアノを弾きながら通話を行う「Play」。
オリジナルではebayの入札を行っていましたが、日本語化にあたり使用されるアプリも変更になったようです。
キャッチコピーは「どんな時でも通話を」。オリジナルでは「TIMING IS EVERYTHING(タイミングがすべて)」。使用するアプリが変わったので、キャッチコピーも大きく変わりました。

https://www.youtube.com/watch?v=UX7oVmeKbV8

Wallet(旧Passbook)を紹介するのが「Travel」。
キャッチコピーは「飛び回ろう」。オリジナルjは「FREQUENT FLYER(いつも飛行機を使う人へ)」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=FDQCLtGeugI

AppleWatch最大のウリの一つであるアクティビティー機能を紹介する「Move」。
キャッチコピーは「動き続けよう」。オリジナルは「KEEP MOVING(動き続けろ)」でした。

https://www.youtube.com/watch?v=-q5LeA5E1cM

最後の「Ride」は、本来ならが先月末に公開されたものと同時に公開されるはずのタイトルでしたが、少し遅れてようやく日本語版が公開されました。
Siriを使ったルート案内の様子が紹介されており、キャッチコピーは「ご案内します」。オリジナルのキャッチコピーは「RIGHT THIS WAY(こちらへどうぞ)」でした。

日本語対応できなかったCMは「Sprinkle」と「Skate」の2本。
冒頭にも書きましたが、この2本はApplePayを紹介するCMなので、日本対応がないのも仕方ありませんね。。

https://www.youtube.com/watch?v=jwdkXZVLVjE
https://www.youtube.com/watch?v=D0Att_g6O04

というわけで無事に日本でも公開が始まったAppleWatchの新CMでした!