新型AppeWatch(AppleWatch2)、2016年6月発売が濃厚か!?

Apple watch watchplate rose gold

AppleWatchの発売からそろそろ半年を迎えようとしています。
Appleから正式な数字は発表されていませんが、AppleWatchの出荷台数は半年で700万台と言われており、これまでに発売されたAppleWatch以外のスマートウォッチの売り上げ総数以上の台数を売り上げているとも言われています。
現時点でAppleWatchが「成功」なのか「失敗」なのか、様々な意見があり議論されているようですが、AppleはAppleWatchのさらなる普及に向けて、はやくも来年中旬には新型AppleWatchの発売を計画しているようです。

AppleWatch2の発売時期は?

台湾のメディア「聯合報(United Daily News)」が、Apple Watchの製造を行っているQuanta Computerの創業者兼会長であるBarry Lam氏のコメントを報道しています。
報道によると、AppleWatch2は2016年の6月ごろに少数の出荷を開始しし、秋頃の本格発売に向けて徐々に量産していく計画になっているようです。

AppleWatch2は何が変わる?最大の目玉は「テザーレス」機能とアプリの高速化!

現行のAppleWatchは多くの機能をiPhoneに依存する仕様となっています。
WatchOS2でスタンドアロンのアプリが動くようになり、単体でのWi-Fi接続も可能になりましたが、iPhoneに依存せずAppleWatch単体で使える機能がより強化される「テザーレス(tether-less)」と呼ばれる機能が利用できるようになりそうです。

また、来年にはBluetoothの新バージョンが登場し、通信範囲の拡大・高速化が実現するため、AppleWatchアプリの高速化が期待できそうです。
スタンドアロンアプリが増えてきたとはいえ、現状アプリの起動スピードをAppleWatchの最大の不満点と考えている人も多いため、ブルートゥースの高速化は非常に期待値の高いアップデートですね。

一方、発売前から懸念点として挙げている人が多く、AppleWatchを持っていない人が真っ先に批判する電池容量については、改善されない可能性が高いようです。
確かに実際に使ってみると1日使って電池が無くなることはほとんどないし、毎日充電することに不満を感じることもないので、個人的にも現状のままでも問題ないと思います。
ただ、アクティビティアプリをフル稼働させた際の電池持ちが極めて短く、フルマラソンの大会でトラッキングしたい人などには電池の不満が出ているという話もあります。
アクティビティ時の低消費電力化は是非すすめてほしいですね!

その他の噂としては、Facetimeカメラの搭載、WatchとEditionの中間に位置する新価格帯のモデルの登場(最高級ステンレス、18K、チタニウム、タングステンなど、様々な素材のケースが噂されているようです。)、GPSの搭載などが計画されているようです。


まだまだ“アーリーアダプター向けのちょっと変わったガジェット”の域を出ないAppleWatch。
ただ、iPhoneにおけるiPhone3GやiPadにおけるiPad2のように、初代で出た不満を受けて発売される第2世代の品質が非常に高いというのがApple製品の特徴。(ルーツを辿ればアップルが最初に大成功したのも「Apple II」ですしね!)
だからこそ初代を買った人を“人柱”と揶揄する文化もありますが、歴代製品の中でも人柱の数が非常に多いAppleWatchだけに、AppleWatch2の完成度にはかなり期待できるのではないかと思っています!

例年のスケジュールであれば、Apple開催のスペシャルイベントが開催されるのは2016年3月。
おそらくはそのタイミングで何かしら新型AppleWatchに関する発表があるはずです。
まだ約4か月ほど先の話ではありますが、期待してもいい内容が待っているのではないでしょうか!

[ via Apple Watch 2 development reportedly underway ahead of 2016 release | 9to5Mac ]
[ via 廣達二代Apple Watch 訂單在握 | 個股動態 | 證券 | 聯合財經網 ]
[ via Apple Watch 2 Release Date Revealed [REPORT] ]
[ via How to fix the Watch Sport in version 2 (Hint: GPS and Nike integration) | Cult of Mac ]