動画でチェック!watchOS 6の新機能

WWDC2019で発表されたAppleWatch向けの新しいOS「watchOS 6」。
そんなwatchOS 6の新機能について、米メディア「AppleInsider」が、先日の新文字盤の続報として紹介しています。

watchOS 6の新機能を動画でチェック!

watchOS 6で追加される新しいアプリや、AppleWatch専用のAppStoreを動画で見てみましょう!

周囲の騒音を計測する『Noise』アプリ

周囲の騒音計として使える『Noise』アプリ。設定をONにしておくとコンプリケーション上でリアルタイムに騒音を測定することができます。
一定以上の騒音を検知すると通知する機能も用意されているようです。

AppleWatchのマイクを使って騒音を測定しますが、音声自体は録音されたり保存されたりすることはない!と、WWDCでも強く主張しており、プライバシーの観点で安全に利用することができます。

『ボイスメモ』『計算機』アプリ

iPhoneやiPadにも搭載されている『ボイスメモ』『計算機』アプリがAppleWatchにもやってきます。
特に『ボイスメモ』によるAppleWatch単体での録音機能は、サードパーティでも人気のアプリが多いため、純正での対応は嬉しいですね!

『計算機』は通常の四則演算に加え、チップの計算や割り勘が簡単にできる機能も搭載。
手元でサクッと計算機を使いたい場面に必要な機能といえますね!

AppleWatch単体で利用できるAppStore

watchOS 6の目玉とも言えるAppStore。
iPhoneの「Watch」アプリにあるAppStoreタブの内容をAppleWatch向けにアレンジしたような内容で、特集ページ的なバナーやアプリ単体が複数並ぶデザインになっています。
メイン画面の他に、音声入力や手書き入力(日本語は未対応)による検索にも対応していることはWWDCでも触れられていました。

時報(Taptic Chimes)の設定

個人的に地味ながらもかなり嬉しい新機能がこの時報(Tapticチャイム)機能。
設定によって毎時か毎時+30分にチャイム(マナーモード時は手首への振動)で通知してくれます。

これまでは、ありそうでなかったアプリだったので、正式に採用されるのは嬉しいですね!

アクティビティトラック機能

こちらは、AppleWatch単体の機能というより、AppleWatchを使って日々収集されているアクティビティログの有効活用といったイメージですが、アクティビティの中長期スパンでの傾向をチェックすることができます。
AppleWatchのおかげで日々の運動習慣はずいぶんとついてきたように思いますが、さらにその傾向を高めることができそうな機能ですよね!

生理周期のトラッキングアプリ『Cycle』

watchOS 6で追加されるアプリとして、生理周期を管理する『Cycle』も追加されます。
こちらはAppleWatch単体アプリというよりは、ヘルスケア機能を通じてiOSとも連携した利用が想定されているようです。

細かい設定はiPhoneで、日々の記録はAppleWatchで。といった使い方は確かに有用そうですよね!


まだ開発者向けにもbeta 1が提供されたばかりのwatchOS 6。
今後も続々と、新たな機能や発表済の機能の新たな利用方法などが判明していくことでしょう。

9月の正式な公開を楽しみに待ちながら、発表される情報にも目を光らせておきたいところです!