【watchOS 3】ありそうで何故かななかった”デジタル時計の秒表示”がついにサポートされる!?

Applewatch digital seonds

「どんなに安い時計にも付いているのに、どうしてApple Watchにはできないの?」

発売当初から不満点として上げることが多かったのが、デジタル時計の秒表示機能でした。
今秋リリース予定の最新OS「watchOS 3」では、ようやくデジタル時計の秒表示が可能になるようです。

デジタルでの秒表示をサポートしている文字盤は、watchOS 3の「アクティビティ デジタル」。
watchOS 3で追加される新しい文字盤の一つです。
17422 14930 IMG 8887 xl

上記はiOS 10版のウォッチアプリのスクリーンショットですが、「アクティビティ デジタル」のカスタマイズ項目として「Show Seconds(秒を表示する)」が用意されているのがわかります。

秒表示がない場合の表示は、WWDCでも発表されたこちらのイメージの一番右端のものになります。
Wwdc2016 07

今のところサポートされている文字盤はこれだけですが、今後のアップデートで他のデジタル時計へも反映されるかもしれません。
「モジュラー」など、人気のデジタル文字盤には是非反映してもらいたいですね。

デジタル時計の秒表示については、Apple公式のフォーラムでも度々話題になっていました。
デジタル時計の秒表示 | コミュニティ
Digital watch face with seconds displayed? | Communities

どのフォーラム、「秒が見たいならアナログの文字盤を使う」という回答や、「Appleへのフィードバックを行って、期待を込めて待つ」という回答が占めており、解決方法は示されていませんでいた。
Appleに対してどれほどのフィードバックが送られたのかはわかりませんが、watchOS 3がユーザーの要望がしっかりと反映されたアップデートになっているのがわかりますね。

デジタル時計の秒表示を待っていたユーザーは、秋までもう少し待つ必要がありますが、ようやく待望の使い方ができそうですよ!