【Apple Watchでできること】まとめ

Kyash(キャッシュ)がApple Payに対応!Apple Watchでももちろん利用可能!

決済サービスの「Kyash(キャッシュ)」がApple Payに対応したことを発表しました。
アプリ内で発行できるKyash VisaカードをApple Payに設定することで、QUICPayとして利用することができるようになります。

Kyashはクレジットカードと連携して使用できるほか、コンビニやセブン銀行のATMなどで、「Kyash残高」にチャージすることも可能。
個人間送金にも使えるサービスです。

本人確認書類不要でアプリ内ですぐに発行できるということで、クレカを作りたくないけどApple Payを使いたい!という人にも注目のサービスだと思います!

[ via Kyash NEWS ]

同様に、アプリ内から発行できるApple Payカードに「メルカリ」があります。
私は、まさにメルカリがApple Payに対応したことをきっかけにメルカリを使い始め、今はすっかりメルカリのユーザーになっています。

メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」がスタート!AppleWatchでも「iD」として利用可能に!

メルカリはApplePayの券面のデザインがかわいくて、思わず使い始めずにはいられなかったんですが、Kyashも同様。
券面デザインがきれいなので、ついApple Payに入れておきたくなってしまいます。
今まで利用してこなかったサービスですが、これを期に使い始めてみようかなと思います!

KyashをApple Payに追加する方法は、公式サイトの手順をご確認ください。(実際はアプリ内の指示に従っていくだけで簡単に発行することはできますが)
参考: Kyash NEWS

とはいえ私の場合、Apple Payでメインのカードは「Suica」。
そして、「dカードGOLD」。
実際に使うのがこの2つであるという点は変わらないとは思いますが…。

【2020年版】Apple WatchでApple Pay(アップル・ペイ)!AppleWatchに登録すべきおすすめクレジットカードまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です