AppleWatch版「LINE(ライン)」アプリの使い方まとめ

コミュニケーションアプリの「LINE」のAppleWatchアプリの使い方を紹介します。

AppleWatch版のLINEアプリは、2017年の12月に一時的に提供を終了。
その後、2018年3月にwatchOS4対応版で再登場したものの、2019年9月のiOS 13、watchOS 6のリリースで再度不安定になったりと、紆余曲折のあるアプリでした。

そんなLINEアプリですが、2020年1月にリリースされたバージョンで、ついにApple Watch単体での利用が解禁!
iPhoneを経由せず、Apple Watch単体で直接LINEサーバーとの通信ができるようになり、従来のバージョンと比べて格段に使いやすくなりました!

そんな新しいLINEアプリの使い方を紹介したいと思います。

Apple Watch版「LINE」の使い方を動画で見る

Apple WatchのLINEアプリでできること(通知編)

Apple WatchでLINEの新着メッセージの通知を受ける

LINEに新着のメッセージが届くと、Apple WatchでLINEの新着メッセージの通知を受けとることができます。

memo
通知を受け取るには、iPhoneの「Watch」アプリから「マイウォッチ」→「通知」と選択し、「LINE」の通知をオンにしておく必要があります。(通常はインストール時点でオンに設定されています。)

通知は長文のメッセージも表示できますし、画像も確認することができます。
ただ、動画に関しては表示することができず、iPhone版のLINEアプリでのみ再生することができます。

セルラーモデルなら、セルラー環境でもメッセージの受信が可能

Apple Watch Series 3以降のセルラーモデルであれば、iPhoneのないセルラー環境でもメッセージを受け取ることができます。

注意
アプリの通知をセルラー通信で受信するには、iPhoneの電源自体は入っている必要があります。(Apple Watchで直接受け取るのではなく、iPhoneに届いた通知を”転送”する仕組みのため、転送元であるiPhoneが電源オフの状態では、Apple Watchに通知が届きません…。)

Apple Watchで通知から返信する

通知画面の「返信」ボタンを押すことで、メッセージに対して返信することができます。
通知からの返信では、音声入力による返信、絵文字による返信、定型文による返信ができます。

AppleWatchのLINEアプリの返信用定型文をカスタマイズする

返信で使える定型文は、iPhoneアプリから編集することができます。
LINEアプリの「設定」から「Apple Watch」を選択。デフォルトの定型文が10個並んでいるので、変更したいメッセージをタップして編集することができます。
また、右上の「編集」ボタンから、並び替えや削除といった操作も可能です。

Apple WatchのLINEアプリでできること(アプリ編)

LINEに届いた新着メッセージを確認する

LINEに届いた新着のメッセージをAppleWatch上で確認することができます。
以前のバージョンでは新着の未読メッセージしか表示されませんでしたが、現在のバージョンでは、Apple Watchから既読メッセージの読み込みもできるようになっています。

LINEに届いたメッセージに返信する

Apple WatchのLINEアプリでは、もちろん新着メッセージに対しての返信ができます。
スタンプによる返信、音声による返信、音声入力による返信、定型文による返信ができます。
「通知」からのメッセージとの違いとして、「音声による返信」ができるのが特徴ですね。

音声入力はテキストメッセージとして送信されますが、「音声による返信」はオーディオファイルとして送信されます。

スタンプに関しては、これも以前のアプリと同様ですが、iPhone版のように様々なスタンプが使えるわけではなく、一部のスタンプのみ利用可能です。

Apple Watchで使えるスタンプの一覧

定型文は通知からの返信と共通のメッセージ10件が利用可能となります。

自分のLINEアカウントのQRコードを表示する

アプリの画面を一番左までスワイプすると、「マイQRコード」を表示することができます。
自分のアカウントを追加してもう場合など、サクッとQRコードを表示できるのは便利かもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です