完全自動の睡眠記録アプリ「AutoSleep」が日本語対応!カレンダービューで過去のデータも閲覧可能に

IMG 3886

AppleWatchを着けたまま寝るだけで完全自動で睡眠状態を記録してくれる、AppleWatchの隠れた人気アプリ「AutoSleep」がついに日本語に対応しました!
センサーの精度設定など、最初の設定が重要なアプリだけに、日本語への対応はうれしいですね!

AutoSleepを使うなら「感度」の設定が必須!

AutoSleepを使う上で一番重要な設定は、「調整」タブの「感度」の項目
既存のモーションデータ(AppleWatchを着けた腕の動きのデータ)から、睡眠時間を判定してくれるので、実際の睡眠時間に近づくように感度を調整しましょう!

IMG 3886

その他、最初に設定しておきたい項目は「ウィザード」タブから設定することができます。

IMG 3883

カレンダービューで過去のデータを一覧表示!

今回のバージョンアップでは、日本語対応に加えカレンダービューも追加されています。
左上のカレンダーアイコンをタップすると、過去の睡眠データをカレンダーで見ることができます。

IMG 3886

IMG 3880

細かい睡眠状態までは見えませんが、目標睡眠時間の「達成率」「睡眠の品質」「睡眠時間」「睡眠時刻」を見ることができます。

これまでは、AutoSleepでは直近の一週間分のデータのみ閲覧でき、過去データはApple純正の「ヘルスケア」アプリで見る必要がありました。
もちろん、従来通りヘルスケアアプリとの連携はありますが、「AutoSleep」アプリでも過去のデータを一括で見ることができるのは便利です!

というわけで、日本語対応、カレンダービューともに、AutoSleepユーザーにとってはうれしいアップデート!
これまで”英語アプリ”というところで抵抗感を持っていた方も、是非この機会にインストールしてみてはいかがでしょうか。