徹底検証!AppleWatchで一番使いやすいニュースアプリはこのアプリだ!

Watch photorealistic mockup

先月公開された新OS「watchOS 2」の登場により、ますます便利になってきたAppleWatch。
OS 1ではちょっと不評だったサードパーティのアプリも、十分に使えるレベルになってきたと感じているユーザーも多いのではないでしょうか。

使っていて便利だと感じるAppleWatchアプリと言えば、やっぱり「コンプリケーション」や「通知」からのスムーズな連携のあるアプリ。
積極的に「情報を得たい!」と思った時はやっぱりiPhoneを使うんですが、コンプリケーションや通知により”受動的に目にした情報”については、AppleWatchで適切な量の情報が得られると、アプリによる満足度の高い体験を得られたと感じるものです。

そういう意味で、iPhoneだけで使っていた時は文句なく”便利”だと感じていたアプリのはずが、AppleWatchも含めて考えると微妙に使いにくさを感じることも。。それがきっかけで、他のアプリに乗り換えるというケースも増えてきています。
というわけで、だいたいみんな1つは入れているiPhoneの定番アプリ「ニュース系アプリ」の場合、AppleWatchで使うにはどれが便利なのか!
「Yahoo!ニュース」「LINE NEWS」「エキサイトニュース」の3つのアプリの使い心地を検証してみました。
※「カメリオ」や「Flipboard」のようなパーソナライズ系のニュースアプリは用途が違うので今回は対象外。また、「グノシー」「Smart News」といった気鋭のニュースアプリがまだAppleWatch対応していないため、これもまた対象外です。

比較する上での評価ポイント

冒頭にも書いたように、実際に使っていて便利さを感じるアプリは、AppleWatchで適切な量の情報が得られるものが多いです。
確かにAppleWatch上で長文のテキストを読むのは不便なんですが、かと言ってWatch側での情報表示を切り捨てて「長文読むならiPhoneで」というスタンスのアプリは、これはこれで「だったら最初からiPhoneで読むわ!」と思ってしまうわけで。
この辺りのバランスが丁度いいアプリが、AppleWatchにおけるベストニュースアプリになると思います。

日本のニュースアプリといえばこれ!「Yahoo!ニュース」

日本のニュースサイトといえばやっぱりこれ、Yahoo!ニュースです。
Yahoo!JAPANというポータルアプリもあります(AppleWatchには未対応)が、ニュースだけを切り出したのがこのアプリ。
さすがに日本最大級のニュースサイトだけあり、情報の速さと量には圧倒的な魅力があります。

IMG 8752
左:通知画面 右:通知画面クリックで遷移するニュース画面

通知には【昼のニュース】といったタグと見出しで構成されたテキストを表示。さすがYahoo!トピックスの見出しなので目を引くタイトルが多いです。
ただ、通知の時点で「※詳細はiPhoneで閲覧できます」という、AppleWatchではたいした情報が表示されないことを匂わせる注意文が。。
気にせず通知をタップすると、ニュース記事が表示されます。
大きく画像が表示されるのはわかりやすいんですが、読み込みがちょっと遅いのは気になります。

IMG 8754

しかも、タイトルと写真以外はニュース記事本文は全く表示されず、「iPhoneで見る」のボタンのみ。
タップすると、後でiPhoneで読むとき用の”お気に入り”的な使い方ができます。

IMG 8757

ニュース画面をフォースタッチすると「カテゴリ」メニューが表示され、Yahoo!ニュースユーザーにはおなじみの「主要」「エンタメ」「スポーツ」といったカテゴリ毎のニュースをチェックすることができます。
見出しだけしか見れないものの、いろんなニュースを網羅的にチェックしたい人には嬉しい機能ですね。

これがベスト!新進気鋭「LINE公式ニュースアプリ / LINE NEWS」

結論から言うと、個人的にはこのアプリが一番“推し”です。

IMG 8729
左:通知画面 右:通知画面クリックで遷移するニュース画面

通知画面はタイトルだけではなく「お気に入り」ボタンが。Yahoo!ニュースでもあったお気に入りボタンですが、実際の中身をチェックしなくても通知の時点で「後で読む」的に押せるのが便利です。
ニュース画面は一見するとYahoo!ニュースとほとんど同じデザインに見えます。

IMG 8731

しかし、 LINE NEWSでは、ニュースの全文をしっかりと読むことができます。

IMG 8732
後でゆっくりiPhoneで読みたいという場合には「お気に入り」ボタンを使えばiPhone側にお気に入りを転送することも可能。
ボタンの位置は本文の一番最後ですが、最後まで読まなくてもフォースタッチメニューからも「お気に入り」することができます。

スマホで天下を取ったと言っても大げさではない「LINE」ですが、さすがにスマートデバイスでの使い心地を熟知しています。
AppleWatchで受け取った情報が気になったら、AppleWatch単体でより詳細な情報が手に入る
このユーザー体験の満足度が非常に高く、AppleWatchのニュースアプリでは現状LINE NEWSがベストアプリだと思います!

コンプリケーションも楽しみたいならコレ!

Yahoo!ニュースに次ぐ大手ニュースサイト「エキサイトニュース」。

IMG 8746
左:通知画面 右:通知画面クリックで遷移するニュース画面

通知は個別のニュースではなく、「昼のニュース」の通知として届きます。
これがちょっと不便で、通知に掲載されているニュース(上の画像でいうと「軽減税率」のニュース)が気になって通知をタップしたとしても、全然関係ないニュースが表示されることが多いんです。
アプリの画面を左右にフリックすると対象のニュースは探せるんですが、ちょっと使い心地としては不満です。。

IMG 8750
記事の画面はタイトルと画像に本文テキストも。
本文は全文ではなく第1パラグラフに当たる序文のみ。「あとで読みたい記事かどうか」を判断するには確かに十分な量でYahoo!ニュースよりは親切とも言えますが、基本的にはiPhoneで読むことを前提に設計されたアプリなのは間違いありません。

IMG 8751
「あとで読む」の挙動はちょっと面白く、いつ読むかを指定することで再通知を受けることができます。

IMG 8549
ただ、エキサイトニュースのいいところはwatchOS 2の目玉機能の一つである「コンプリケーション」に対応しているところ。
時計を見る時に今一番のトピックスをいつでも確認できるのはちょっと楽しいです。

スクリーンショット 2015 10 19 2 45 29
また、MacとのHandoffにも対応している点もちょっと便利。
AppleWatchでニュースを開くと、MacのDockの一番左にAppleWatchアイコン付きのSafariアイコンが登場し、クリックするとMacでニュースの続きを読むことができます。
Macで仕事中など、iPhoneで読むより便利な場面も少なくないので、あると嬉しい機能です。

まとめ

途中で結論を書いてしまいましたが、個人的にベストニュースアプリは「LINE NEWS」だと思っています。
AppleWatchでも十分な情報量のニュースを確認でき、かつ後でiPhoneでじっくり読みたいと思ったら「お気に入り」にすることもできるのでとても便利です。
もちろん、AppleWatchでじっくりニュースを読むことなんてあまり無いんですが、通知を受けつけている以上、気になる毎にiPhoneを取り出すのではなくAppleWatchでもある程度の情報処理を行いたいものです。

ただ、その他のアプリも決して不便で使えないというわけではなく、ニュースそのものの質と量にこだわりたい場合。また、大量のニュースを網羅的にチェックしたい場合にはYahoo!ニュースはやっぱり便利。

そして、コンプリケーションやMacとの連動など独自路線を行っている「エキサイトニュース」も、ニーズがはまると唯一無二のアプリになると思います。

世の中の流れを知る上でも、一つは入れておきたいニュースアプリ。
人それぞれ好みはあると思いますが、当サイト的にはLINE NEWSオススメです!!