【Apple Watchでできること】まとめ

Apple Watch Series 6、MicroLEDの採用は見送りか?

2020年の秋に発売が予定されている最新のApple Watch「Apple Watch Series 6」
以前より、Apple Watch Series 6ではディスプレイが従来のOLED(有機EL)からmicroLEDにアップデートされる可能性が示されていました。

ディスプレイがmicroLEDになることで、より明るくより薄いディスプレイが実現可能。
また、消費電力も現在より抑えることができ、より長いバッテリー持ちが期待できます。

Apple WatchはSeries 5で常時表示に対応し、バッテリーの持続時間がやや落ちたため、バッテリー持ちの改善は最重要課題の一つ。
Appleが2017年よりmicroLEDのテストを行なっていたこともあり、Series 6でのディスプレイの変更はかなり確度の高い噂とされていました。

しかし、最新のリーク情報によると、Apple Watch Series 6ではmicroLEDの採用は見送り。
従来通りのJDI製のOLEDで登場すると言及されています。

リークの情報源は、Apple製品のリーク情報を何度も的中させているTwitterアカウント。
あくまでも噂ではあるものの、信頼性はかなり高いと見られます。

Apple Watch Series 6は、 Series 5から大きなアップデートが入るとも言われていますが、目玉と言えるのがmicroLEDの採用。
これがスキップされるとなると、今のところハードウェア面でのアップデートはほとんどない可能性すらあります…。

正式な発表はまだまだ先にはなりますが、Apple Watch Series 6が本当に魅力的なアップデートになるのか?
期待はしつつも、ちょっと不安になるニュースです。。。

Memo

Apple Watch Series 6、watchOS 7に関する最新情報は以下の記事でまとめています。
情報が分かり次第追記していますので、ぜひ定期的に見てみてください!

Apple Watch Series 6, watchOS 7の最新情報まとめ 【2020年最新】Apple Watch Series 6, watchOS 7の最新情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です