Apple Watchにも対応している人気のタスク管理アプリ「Things 3」がセール中!iPad版、Mac版もセール

Apple製品向けのタスク管理アプリとして高い人気を誇る「Things 3」がセールを実施しています。

iOS 13になり、Apple純正の「リマインダー」アプリもかなり大きく進化していますが、リマインダーというよりもより高度なタスク管理(特に「GTD」と呼ばれるタスク管理)を行いたい場合は、専用のタスク管理アプリがおすすめです。
Things 3は、GTDに対応した高度なタスク管理ができることに加え、iPhone、iPad、MacとApple製品向けにかなり洗練されたアプリのデザインが非常に美しく、Appleユーザーからは人気のアプリです。

iPhone版(Apple Watch版もバンドル)、iPad版、Mac版と別々のアプリで提供されており、しかもそれぞれが比較的高額なアプリではありますが、その他のタスク管理アプリがサブスクリプション型に移行していく中、買い切りで使えるので、長い目で見ればむしろ比較的安価なアプリとも言えます。
しかも、今回のセールでは、各アプリがすべて30%オフ
気になる人はこの機会にゲットしておきましょう!

¥1,220
カテゴリー:仕事効率化
開発者:Cultured Code GmbH & Co. KG

¥2,440
カテゴリー:仕事効率化
開発者:Cultured Code GmbH & Co. KG

¥6,100
カテゴリー:仕事効率化
開発者:Cultured Code GmbH & Co. KG

GTDが気になる人は、原典とも言えるこちらの書籍を一読するのがおすすめです!

Apple Watchユーザーには嬉しいコンプリケーション対応

Apple製品間での連携が便利な「Things 3」ですが、AppleWatchユーザーとしては各種「コンプリケーション」へ対応しているのも嬉しいポイント。
Watch向けアプリも含め、「今日」のタスク表示に特化していて、コンプリケーションでは、常に当日のタスク達成状況を確認することができます。
テキストが表示できるコンプリケーションでは、「次にやるべきタスク」が表示されるのも便利です。

インフォグラフ系の文字盤での表示。達成状況のグラフや、次にやるタスクが表示される。

インフォグラフモジュラーではなく、Series 3以前のモデルから使える「モジュラー」の文字盤では、直近でやるべきタスク3件がリスト表示されます。
(インフォグラフモジュラーでも、このコンプリケーションが選べればいいのに…)

モジュラーは次にやる3件のタスクがリスト表示。

Siriショートカットなどにも対応していて、Appleユーザーであれば、かなり使いやすいタスク管理アプリです。

と、言いつつ、私は「Todoist」派。。

Appleユーザーであれば最強のタスク管理アプリとも言える「Things 3」ですが、私はThings 3ではなくTodoistというアプリを使っています。

無料
カテゴリー:仕事効率化
開発者:Doist

以前、タスク管理アプリはいくつかの候補を比較しながら検討したんですが、私の使用状況にぴったりなのは「Todoist」でした。

Todoistは有料プラン(サブスクリプション)を使っているので、結果的にはやはり高くつくんですが、プライベートはApple製品しか使わない私も仕事ではWindowsを使う機会が多く、Windowsでも使えるブラウザ版が提供されているのがTodoistの強み。
この1点で、私は「Todoist」を使っていると言っても過言ではありません。

もし、環境がすべてApple製品で囲まれているのであれば、アプリのデザインもキレイな「Things 3」に移行していると思います。


セールは今の所、2019年10月31日までを予定しているようですが、状況によって早めに終了する可能性もゼロではないので、Things 3が気になっているのであれば、セール期間中早めに購入しておきましょう!