Apple Watchの次なる進化は「指輪」型?Appleが新たなウェアラブル端末の特許を取得

Appleが、タッチスクリーンを持つ指輪型のウェアラブル端末に関する特許を取得したことがわかりました。
指輪型のデバイスに関する特許は、2015年に申請されていましたが、今週ようやく承認されたようです。

(トップの画像はiDropNewsより:‘Apple Ring’ May Be in Development with Touch Screen, NFC and More

リングには、プロセッサ、ワイヤレストランシーバ、電源、マイクなど機能がつめ込まれ、さらにAppleWatchのデジタルクラウンのように、リング部分を回転させることで操作できるインターフェースも採用。
ジェスチャーを検出する各種センサーや、ディスプレイ、ボタン、触覚フィードバックなども含まれるようです。

[ via Apple smart ring could offer Apple Watch functionality on a finger ]

フィットネストラッキング、生体認証センサー、NFC通信もサポートされるとのことで、Apple WatchのようにMacのロックを解除したり、SuicaなどのApplePayの利用も可能になるかもしれません。


[ via Apple smart ring could offer Apple Watch functionality on a finger ]

特許資料によると、リングは単体での操作以外に、「他のデバイスをジェスチャーで操作する」ことにも言及されています。
資料によると、具体的にどのようなデバイスを操作するのかまでは書かれていませんが、先日より噂になっている「スマートグラス」の操作などを想定しているのではないかと思われます。

指輪型のデバイスについては、Apple以外の企業も計画を進めており、Amazonはスマートリングである「Echo Loop」を先日発表しています。

スマートウォッチではすでにトップを走るApple。
イヤホンも「AirPods」は完全ワイヤレスイヤホンとして大きなシェアを持っており、ウェアラブルデバイスは現在Appleがかなり強みを持っている分野です。
新たなウェアラブルデバイスとして、指輪型デバイスもAppleが制するのか?今後の製品化の動向に注目したいですね!

[ via Apple smart ring could offer Apple Watch functionality on a finger ]
[ via Apple Smart Ring could be on the way – will it replace the Apple Watch? | T3 ]