iPhone11 ProにAppleWatch Series5!!9月10日のAppleの新製品発表イベントで紹介されそうなものとは?

Appleが毎年9月に開催している新製品発表イベント。
今年は9月10日開催されることがほぼ確実視されており、そこで紹介される製品の予想もかなり確度が高まってきています。

当サイトとして注目は当然AppleWatchなわけですが、8月中旬時点では「今年は新型の発表はないかも?」という予感すらありました。
しかし、先日新しいモデル番号がEECに登録されたことで、ほぼ間違いなく新型が投入されることがわかっています!

AppleWatchの他には、どんな製品が紹介されると見込まれているかも気になるところ。
ということで、本日の記事では2019年のイベントで発表されるであろう製品についてまとめておきます。

AppleWatch Series 5

昨年、デザインの刷新をしたばかりのAppleWatchは、今年はwatchOS 6ソフトウェアの更新と新しいケースの仕上げの追加というアップデートに留まりそうです。


デザインの刷新は2020年のSeries 6で実施されると見られています。

iPhone 11 Pro

今年も、新製品の目玉はやはりiPhone。
今年のiPhoneは、トリプルカメラを内蔵したハイエンドモデルが「iPhone 11 Pro」という名前で投入されると予想されています。

新しいiPhoneでは、「A13」チップが搭載され、特定のタスクを最適化するための新しい「マトリックス」コプロセッサーが採用されると言われています。

トリプルカメラによるカメラの大幅アップデート!

iPhone Proの最大の特徴はやはりトリプルカメラで、広角、望遠、超広角レンズが搭載されています。
3つのカメラで撮影された画像をソフトウェアで合成し解像度の高い画像を生成することが可能。
特に、iPhoneの弱点であった暗所での撮影に大きな進化が見られるようです。
また、特定の人がフレームから切れてしまった場合など、より望遠のレンズで撮影した画像をAI技術で補完することで、全員がきちんと写っている写真に変換するといった機能も提供されるようです。(「スマートフレーム(Smart Frame)という名前で提供されるようです。)

動画に関しては、(これはiPhone自体ではなくiOSの機能ですが)ビデオの編集機能が大幅に進化。
「写真」アプリ内で動画の編集(エフェクトの適用、色の変更など)が可能になる他、撮影中のライブ編集機能も追加されるとのことです。

リバースワイヤレス充電システム

ワイヤレス充電に対応したAirPodsをiPhone Proの背面に置くことでAirPodsの充電が可能になるリバースワイヤレス充電システムに対応します。
2019年3月に登場したAirPodsのワイヤレス対応ケースであれば、iPhoneに置くだけで充電することができます。

新しいFaceID

iPhone 11 Proには、「マルチアングル」に対応した新しいFaceIDが追加されるようです。
より広い視野をキャプチャすることができるので、iPhoneをテーブルの上に置いたままの状態でロック解除できるようになります。
これまではロック解除のために「一度持ち上げる」という動作が必要だったので、これは地味に嬉しいアップデートになりそうですね。

背面はマット加工

これまでiPhoneの背面といえばガラス製のツヤツヤ素材でしたが、Proではつや消し仕上げになるようです。
これは単純な見た目の変更というだけではなく、抗”ヒビ割れ”加工になっており、落下した際にiPhoneの背面ガラスが割れてしまうのを防ぐ素材にもなっています。

また、ひび割れだけではなく、防水性も大きく性能アップしており、長時間の水没にも耐えられるようになるそうです。

ディスプレイは新型のOLED、3Dタッチは廃止。

ディスプレイは新しいOLEDで、3Dタッチは廃止。
3Dタッチの代わりに、現在iPhone XRで採用されているHaptic Touch(長押しで3Dタッチ相当の機能をカバーするもの)に対応するようです。

5G未対応

5Gへの対応は来年以降へ持ち越しのようです…。

XRの後継モデル

XRの後継に当たる廉価モデルのiPhoneも投入されます。
デュアルカメラが採用されるため、光学的なズームが利用可能で、ポートレートモードも現行のXSに近い形で利用できるようです。

また、新しいカラーとして「グリーン」も追加されると見られています。

新しいiPad

iPadでは、iPad Proの新型モデルが発表されると見られています。
11インチと12.9インチのiPad Proで、iPhoneと同様のカメラのアップデート、チップのアップデートが見込まれています。

また、ローエンドのiPadとして10.2インチモデルが追加。
これは、従来の9.7インチのiPadが置き換えられるものと思われており、10年近く使用した9.7インチというサイズは廃止になることになります。

新型AirPods

耐水性とノイズキャンセリング機能が追加されたハイエンドAirPodsがラインアップに追加されるようです。
AirPodsは新型が今年3月に追加されたばかりということもあり、ハイエンドAirPodsが実際に市場に出るのは2020年とみられています。

HomePod

ようやく日本でも発売が開始したHomePodですが、スマートスピーカーとしては比較的高価ということもあり、今回廉価版のHomePodが追加されるとの予想があります。
内部的なスピーカーの数を大幅に減らすことで、現行モデルの”音質”は失ってしまうものの、ライバル機と同等の価格帯での販売が可能になるかもしれません。

MacBook Pro

Macのカテゴリでは、16インチの新しいMacBook Proが発表されるようです。

最新のMacBook Airと同様のベゼルレススクリーンが採用されることで、本体サイズは現在の15インチMacBook Proと同等になるとみられています。


正直な感想としては、今年のイベント予想は割と「地味」。
すごく心が踊るような製品は出なそう…、と感じてしまいました。
(価格次第ではありますが、AppleWatch Series5のチタンモデルはすごく気になりますが。)

ここで紹介されていないような”サプライズ”にも多少の期待を持ちつつ、9月10日のイベントを待ちたいところです。

[ via Bloomberg: iPhone 11 will take better low light photos, multi-angle Face ID, new iPads coming, cheaper HomePod in 2020 – 9to5Mac ]
[ via iPhone 11, New iPad Pro, 16-inch MacBook Pro, AirPods 3 Features – Bloomberg ]
[ Image via Apple iPhone 11 ‘Pro’ will be the best new iPhone for most people – Business Insider ]