AppleWatch Series5ではチタンとセラミックのケースが追加か!最新のiOS 13のリソースより発覚

例年9月に新型モデルが発表されているAppleWatchですが、今年は大きなリーク情報が出ていないこともあり、発売が見送られるのでは?という可能性も示唆されている「AppleWatch Series5」ですが、今回ようやく新型AppleWatchに関わりそうな情報がもたらされました。

今回紹介する情報は、ブラジルのメディア「iHelp BR」が報告したもので、現在開発者向けに提供されている最新のiOSである「iOS13 beta7」内のリソースにより発見されたものです。

AppleWatchユーザーであればお馴染みの、AppleWatch初期設定時に表示される画像ですが、Appleロゴの周囲に表示されるモデルを表す文字が、それぞれ「44MM TITANIUM CASE」「44MM CERAMIC CASE」となっているのがわかります。
TITANIUM(チタン)、CERAMIC(セラミック)ともに、現在のラインナップにないケース素材ということで、新型のAppleWatchであることは間違いありません。
ただし、Seriesの表記はなく、現行のSeries4と同様の44mmサイズということもあり、Series5が登場するのではなく、Series4の新素材として登場する可能性も考えられます。

依然として、新機能に関わるリーク情報ではないため、Series5が登場するかどうかははっきりとはしませんが、少なくとも新モデルが登場する可能性はかなり高そうですね。
セラミック素材のモデルが復活することは以前より噂がありましたが、まったくの新素材としてチタンが登場するというのは全くの新情報!
おそらく、どちらも「AppleWatch Edition」として発売されると思われるので、価格は高めになりそうですが、どんなデザインで登場するのか期待が高まります!

[ via watchOS 6 assets reveal new Apple Watch models coming in titanium and ceramic cases – 9to5Mac ]