watchOS 5.2.1が公開!エクスプローラ文字盤の不具合修正など

AppleWatch向けOS「watchOS」の最新バージョン「watchOS 5.2.1」が公開されました。

watchOS 5.2.1では、日本では未対応の機能「心電図アプリ」や「不規則な心拍の通知機能」のサポートエリア拡大のほか、watchOS 5.2で発生していたエクスプローラ文字盤の表示不具合が修正されています。

watchOS 5.2.1のアップデートに関する詳細情報は以下の通りです。

  • Apple Watch Series 4の”心電図”Appが、クロアチア、チェコ共和国、アイスランド、ポーランド、およびスロバキアで利用可能になりました。
  • 不規則な心拍の通知が、クロアチア、チェコ共和国、アイスランド、ポーランド、およびスロバキアで利用可能になりました。
  • 一部のユーザでエクスプローラーの文字盤に数字が表示されない問題を修正しました

アップデートのファイルサイズは139MB。
アップデートするにはAppleWatchが充電器に接続されており、Wi-Fiに接続されているiPhoneの通信圏内にあること。そして、AppleWatchが50%以上充電されているという条件を満たす必要があります。

<追記>
watchOS 5.2.1で新文字盤「プライドデジタル」「プライドアナログ」が追加されました!