WWDC19で発表予定のwatchOS 6: AppleWatch向けAppStoreや「ボイスメモ」「ブック」「計算機」などの新アプリや新文字盤が追加か

WWDC19

Appleが開発者向けの情報発信のイベントとして毎年開催している「WWDC」。
今年の「WWDC19」は、6月3日に開催が予定されており、iPhone向けの新OS「iOS 13」を筆頭に、様々な発表が行われる予定です。

もちろん、Apple Watch向けの新OS「watchOS 6」も発表される見込み。
米メディアBloombergでは、関係者より得た情報としてwatchOS 6についての新機能を報じています。

watchOS 6では、AppleWatchの独立性がアップ!iPhoneなしでできることがさらに増える模様

Bloombergの情報によると、watchOS 6では以下のアップデートが行われるようです。

AppleWatch専用のAppStoreが追加

現在、AppleWatchのアプリをダウンロードするには、iPhoneのAppStore、もしくはiPhoneのWatchアプリのAppStoreセクションからダウンロードする必要がありましたが、watchOS 6では、AppleWatch単体で直接アプリのダウンロードができるようです。
セルラーモデルであれば、iPhoneが近くにない状況でもアプリのダウンロードができる可能性は高そうです。

これまでAppleWatchを使ってきて、緊急でアプリをダウンロードしたいというシチュエーションはあまりなかった気はしますが、AppleWatchの独立性を高めるという意味では、大きな変化になりそうですね!

「ボイスメモ」アプリが追加

iOSやmacOSではすでに採用されている「ボイスメモ」アプリがAppleWatchにも追加されるようです。
AppleWatch単体での音声録音が可能になるということで、AppleWatch向けアプリとして人気のある単体録音アプリは、今後役目を終えることになりそうですね…。

アニ文字、ミー文字のステッカーに対応

iPhoneXSやiPad Proで使えるアニ文字(実際の表情に合わせて動く絵文字)やミー文字(自分の顔でアニ文字が作れる機能)を使ったステッカーがAppleWatchでも使えるようです。
AppleWatchにはカメラがないため顔の表情を再現することは難しいため、プリセットされている基本の表情をデジタルクラウンで切り替えていくようなイメージになりそうですね。

「ブック」「計算機」アプリが追加

電子書籍リーダーの「ブック」アプリがAppleWatchにも対応。AppleWatch単体でオーディオブックが聞けるようになりそうです。
AppleWatchでオーディオブックが聞けるサービスとしては、すでにAmazonのAudible(オーディブル)がサービス開始済。
当初AppleWatchアプリの動作はかなり怪しかったんですが、現在ではアプリも使いやすくなっており、私自身AppleWatchでよく使うアプリの1つになっています。
読書はもちろん、英語の勉強などでもオーディオブックは役立つので、こちらも期待できるアップデートだと思います!

※ちなみに、明日5/8までAudibleの利用で3000Amazonポイントがもらえるキャンペーン中なので、AppleWatch×オーディオブックを試してみたい方はこの機会に無料体験だけでもしておくことをおすすめします!!

「計算機」アプリもサードパーティアプリの多いジャンルではありましたが、公式のアプリがサポート。
個人的に「CalcWatch3」というアプリをリリースしていたので、完全にニーズがなくなってしまうのでショック…(泣)。
ただ、AppleWatchの小さい画面で計算機を使いやすく設計するのに苦労したので、Appleがどういうデザインでアプリを作るのか楽しみです!

ヘルスケア系アプリ2種が追加:「Dose」「Cycles」

ヘルスケアアプリとして、「Dose」「Cycles」の2つの新アプリが追加になるようです。
「Dose」は薬の飲み忘れを防ぐリマインダー系のアプリ、「Cycles」は月経周期を記録するアプリとなります。
この2つもサードパーティ製のアプリが多いジャンルでしたが、公式でカバーされることになりそうです。

新しいコンプリケーションが追加

AppleWatchの文字盤上に様々な情報を表示する「コンプリケーション」にも新しいものが追加されるようです。
新コンプリケーションは、「オーディオブックの再生状況」「補聴器のバッテリー残量表示」「騒音レベル」「降雨情報」といったものが追加されるようです。

新しい文字盤が追加

毎回OSアップデートの期待の1つである新文字盤。もちろんwatchOS 6でも追加されるようです。
追加される文字盤として報じられているのは「Gradient(グラデーション)」「X-Large」「California」「Solar Analog」「Infograph Subdial」の5種。

「Gradient」は、カラーの文字盤と同じように、任意の色を使ってグラデーションを表示する文字盤。
「X-Large」は、色やフォントが異なる大きな数字を表示する文字盤(フランク・ミュラーのカラードリームスみたいな感じでしょうか?)。
「California」は、ローマ数字とアラビア数字を組み合わせたクラシックな文字盤(こちらはノモスの時計みたいな感じでしょうか?)
「Solar Analog」は、日時計をイメージした文字盤。
「Infograph Subdial」は、株価や天気情報を見る大きなコンプリケーションの文字盤のようです。

AppleWatch Series4に乗り換え移行、ほぼ「インフォグラフ」「インフォグラフモジュラー」の文字盤しか使っていないので、新たなInfograph系文字盤の「Infograph Subdial(インフォグラフサブダイヤル)」には期待したいところ。
大きなインフォグラフが1つ表示されるようなアナログ系の文字盤のようなので、開発者の方も期待したい文字盤になりそうです。
(現状オリジナルの文字盤は作れませんが、Infoguraph系の文字盤はリッチな表現が可能で、特に文字盤上で占有率の高いコンプリケーションをうまく使えば、オリジナル文字盤に近いものも作れるかもしれません!!)


例年通りであれば、watchOS 6は6月のWWDC19で発表の後、9月の新機種発売直前に正式版が公開されるはず。
まだ、情報の確度は決して高いとは言えませんが、かなり具体的なリーク情報なので期待は高まってきますね!

[ via Apple WWDC 2019: iOS 13, macOS 10.15, watchOS 6, tvOS Features – Bloomberg ]