watchOS 5.2で、文字盤「エクスプローラ」の数字が消える不具合を確認。次期アップデートで解消の見込み

先日リリースされたAppleWatch向けの最新OS「watchOS 5.2」で、文字盤「エクスプローラー」の数字が表示されない不具合が確認されています。

文字盤「エクスプローラー」は、AppleWatch Series3、Series4のセルラーモデル限定で利用できる文字盤で、画面中央にLTE通信の通信強度を表すインジケーターが表示されるのが特徴の文字盤です。

文字盤の設定では「スタイル」を変更することができ、時間や分を示す数字を表示することができました。

しかし、watchOS 5.2ではどのスタイルを設定しても数字が表示されません。。

iPhoneのWatchアプリ上では数字が表示されていることからも、仕様変更ではなく不具合であることが確認できます。
すでに開発者向けのベータが公開されているwatchOS 5.2.1の正式リリースでは不具合が解消されると見込まれているようです。

エクスプローラーの文字盤を愛用している人は、watchOS 5.2へのアップデートの際にはご注意ください!

[ via Apple releasing first iOS 12.3 public beta today with upgraded TV app, watchOS 5.2.1 developer beta 1 – 9to5Mac ]