AppleWatchのバンド交換が不要になる?Apple、内蔵したLEDで自由に色を変えられる”カメレオンバンド”の特許を取得

Appleが、「自由に色を変えることができるAppleWatch向けのバンド」に関する特許を取得したことがわかりました。
出願自体は2016年末に行われていたもので、米国特許商標庁(The U.S. Patent and Trademark Office)が1月8日に正式に特許登録したことを発表しています。


この特許は、LEDと光ファイバーで構成されたチューブ(light-tube)を組み合わたバンドに関するもの。
LEDをひからせることでバンドの色を自由に変更することができます。
単色はもちろん、チューブ単位で色や明るさを変えることもできるので、様々なデザインのバンドに変えることもできるようです。


特許資料の中では「留め具」に関する説明も行われており、アイデアレベルの特許というよりも、実際の商品化を見据えた特許であることが伺えます。


また、この特許の面白いところとして、iPhoneのカメラとの連携機能に言及されている点が挙げられます。
これは、「iPhoneのカメラで撮影したモノの色をバンドに反映させることができる」という機能。

例えば、その日着ている服や靴・アクセサリーなどを撮影し、AppleWatchのバンドの色に反映させることで、バランスのとれたカラーコーディネートが簡単に作れます。
また、「こういう色のバンドがほしい」と思ったら、その色をカメラで撮影するだけで即座にバンドの色を変えることができる、というわけです。
まさに、「カメレオンバンド」という感じですね!

Appleが取得する特許はすぐに商品化されるものばかりではなく、技術的なアイデアの公開目的、他企業による製品化を防止する目的のものも少なくありません。
今回登録に至ったこの特許も商品化を見据えたものかは不明ですが、カメラとの連動機能など実現したら面白いアイデアなので、ぜひ商品化を期待したいところですね!