Apple、改善およびバグ修正が含まれる「watchOS 5.1.3」を公開

Appleが、AppleWatch向けの最新OSとなる「watchOS 5.1.3」を公開しました。
watchOS 5.1.3は大きな機能追加などは含まれておらず、「改善およびバグ修正」のためのアップデートになります。

アップデートは、iPhoneの「Watch」アプリの「マイウォッチ」タブの、「一般」>「ソフトウェア・アップデート」から行います。

アップデートをインストールするにはAppleWatchが以下の条件を満たしている必要があります。

  • 充電器に接続されている
  • Wi-Fiに接続されているiPhoneの通信圏内にある

インストールはAppleWatchが50%以上充電されているときに開始されます。アップデートが完了するまで、AppleWatchを再起動したり、充電器から取り外したりしないでください。

なお、同時にiOSの最新版「iOS 12.1.3」も同時にリリースされています。
今回のアップデートはiOS、watchOSそれぞれ独立したもので、iOSを先行してアップデートせずにwatchOSだけをアップデートすることも可能となっています。