Apple、watchOS 5.0.1を公開!アクティビティ関連の不具合を修正

AppleがwatchOS 5.0.1を公開しました。
watchOS 5の最初のアップデートで、いくつかのバグフィックスを含んだアップデートとなります。

アップデートの内容は以下の通り。
今回は急ぎのアップデートだったのか、リリースノートは英語版のみで日本語での説明はありません…。

少数のユーザーでエクササイズの時間が少なく表示されてしまう不具合、午後の時間に「スタンド」が取得できない問題。
そして、Apple Watchが充電できない不具合を解消したアップデートとなります。

なお、海外版ではアクティビティの限定バッジが消える問題も解消されているとの情報もありますが、日本ではその不具合自体が対象外のようで、リリースには特に記載がありませんでした。

アップデートプログラムの容量は53.7MB。
アップデートするにはAppleWatchが充電器に接続されており、Wi-Fiに接続されているiPhoneの通信圏内にあること。そして、AppleWatchが50%以上充電されているという条件を満たす必要があります。