AppleWatch Series4発表!9月21日発売、注文は9月14日から

Appleは9月12日(現地時間)、新しいAppleWatch「Apple Watch Series 4」を発表しました。
当初より噂されていたとおり、ディスプレイサイズが大型化する他、2つの心拍センサーによる心電図の記録など、機能面でも大きなアップデートがあるようです!

見た目上の大きな変化は画面の大型化。ケースサイズは40mmと44mmに!

Series4の最大の特徴は画面の大型化。
ベゼルレスのデザインにより、画面の表示エリアを30%以上アップ。
ケースサイズも2mm拡大していますが、従来のバンドとの互換性はあり、今までのバンドをそのまま使うことができるようです。
電力効率を向上させるLTPOという新しいディスプレイテクノロジーにより、バッテリーの持続時間は従来通りをキープしています。


画面の大型化に合わせて画面の表示要素も増加。
最大9個のコンプリケーションを持つ文字盤が追加される他、「モジュラー」文字盤でもコンプリケーションの表示内容が強化されたり、「クロノグラフ」系の文字盤にもコンプリケーションが追加されています。

健康関連の機能も順調に進化!(ただし日本で機能がすべて使えるかは不明…)

AppleWatchといえば健康習慣を身につける動機づけをしてくれることが大きな特徴ですが、Series4では「健康」をサポートする機能も進化を見せています。


AppleWatch Series4では、デジタルクラウンが触覚フィードバックが採用され、回転による”クリック感”が手に伝わる仕様に。
さらに、デジタルクラウン部分に新たな心拍センサーが採用されることにより、より正確な心電図の計測が可能になるようです。

ただし、このデジタルクラウンの心拍センサーに関する情報は、Appleの日本語ページでは説明がありません…。
アメリカではFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けて発表に至ったようですが、もしかしたら日本では厚生労働省などの国内機関の認可が出るまでは機能が開放されていない可能性があるかもしれません…。
もちろん、従来の心拍センサーにより通常の心拍測定は問題なく使えるようですが。。


これまでにない新機能として、新しい加速度センサーとジャイロスコープにより、転倒を検知する機能も追加されました。
転倒を検知すると通知が届き、そのまま緊急電話を発信することができます。転倒を検知後60秒うごきがない場合には自動的に緊急電話をかける機能も!

GPSモデル、セルラーモデルは従来どおり展開。Editionはなし。販売価格はちょっと上昇

AppleWatch Series4のラインナップは、従来どおりアルミニウムケースのみGPSモデルが。その他のモデルはすべてセルラーモデルです。
「Nike+」「Hermes」の両コラボレーションモデルもSeries4に対応。セラミックケースのEditionモデルは今回は販売がなくなりました。

販売価格は最安値の40mmのGPSモデル(アルミニウムケース)で45,800円(税別)から。同モデルの44mmが48,800円(税別)。
同じくアルミニウムケースのセルラーモデルでは、40mmで56,800円(税別)。44mmで59,800円(税別)と、Series3発売時に比べるとやや値上がりしています。

ステンレススチールケースのモデルでは、40mmで74,800円(税別)、44mmで79,800円(税別)。
エルメスモデルはモデルにより価格は変動しますが、134,800円から159,800円での販売となります。


イベントでは大々的に発表された心電図センサーが日本版のApple公式ページでは紹介されていない点がちょっと気になりますが、単純に画面の大型化だけでも物欲が刺激されるAppleWatch Series4。
発売は9月21日。注文は明日9月14日ということで、発売日にゲットしたい人は明日の注文をお忘れなく!!

[ via Apple Watch Series 4 – Apple(日本) ]