watchOS 4.0.1が公開!セルラー版で発生していた公共Wi-Fiとの接続に関する不具合に対応

本日、watchOS 4初のアップデートとなる「watchOS 4.0.1」が公開になりました。
Apple Watch Series 3の発売日直前に発覚した公共Wi-Fiとの接続に関するセルラー版の不具合で、Appleは早急な対応をすると発表していました。

通常watchOSのバージョンアップはiOS側を先にアップデートする必要がありますが、今回は一部の不具合修正のみということで、watchOSのみのアップデートが可能です。
セルラー版のApple Watch Series 3をお使いの方は、忘れずにアップデートしておきましょう!

watchOS 4.0.1のファイルサイズは42.9MB。
アップデートを行うためには、Apple Watchが以下の要件を満たしている必要があります。
・Wi-Fiに接続されている
・充電器に接続されている
・50%以上充電されている

アップデートの詳細は以下のとおりです。

watchOS 4.0.1には、まれにApple Watchが未認証のキャプティブWi-Fiネットワーク(コーヒーショップやホテルなどの公共の場所で利用可能なネットワークへのアクセスの前に認証・登録のためのWebページに転送されるもの)に接続してしまう問題の修正が含まれます。