iPhone,AppleWatch,AirPodsを同時に充電できるワイヤレス受電ドック「AirPower(エアー・パワー)」、2018年発売へ

Airpower01

本日未明に開催されていたAppleの新製品発表イベント。
iPhoneの新たなフラッグシップモデル「iPhoneX」を中心に様々な製品が発表されました。
新型AppleWatch「Apple Watch Series 3」も発表されています。

フラッグシップモデルのiPhoneX、現行機の後継にあたるiPhone8、iPhone8 Plusがワイヤレス充電に対応したことに伴い、AppleWatch、AirPodsも合わせて充電できるワイヤレス充電ドック「AirPower(エアー・パワー)」が発売されることも発表されました。
発売時期の詳細や価格は不明ですが、Apple製品に囲まれているユーザーにとってはかなり嬉しい製品になりそうです。

Airpower02

ワイヤレス受電ドック「AirPower(エアー・パワー)」、対応機種はiPhoneX、iPhone 8/8 Plus、AppleWatch、未発表の新型AirPods

AirPowerの詳細はまだ明らかになっていませんが、対応している機種は本日発表された「iPhoneX」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の3機種。
さらに、初代からワイヤレス充電に対応しているAppleWatch。
そして、現時点では未発表のAirPodsが対応していると思われます。
(現行のAirPodsはワイヤレス充電には対応していないため、AirPowerの発売に向けてワイヤレス充電に対応した新型AirPodsが発売されると思われます。)

Airpower03

現在はワイヤレス充電に対応しているAppleWatchですが、専用の充電器(充電ケーブル)が必要なため、iPhoneなど他の端末と同時に充電するのはなかなか大変なこともありました。
AirPowerで一本化できれば、かなり便利になりそうです。
1泊以上の旅行の際など今までは充電器がかさばっていましたが、AirPowerを1つ持ち歩けば良いので、これもまた便利ですね。

充電の状況はiPhoneの画面上に表示が可能

AirPowerには情報を表示する画面はありませんが、充電中のiPhoneの画面に様々な情報を表示することができます。
AppleWatchやAirPodsなど新しい端末を充電器に接続すると、iPhoneの画面に端末の画像がアニメーションで表示されます。
Airpower04

充電中は各端末の充電ステータスをiPhoneの画面上で確認することも出来ます。
Airpower01

「さすが純正アクセサリ」と思える機能があり、Apple製品に囲まれている人にとっては、かなり魅力的ですね。

販売時期や価格は不明。12,000円くらいにはなりそう…

販売時期は2018年とだけ判明しており、具体的な時期は不明です。
販売価格も未発表です。

ただ、現在発売されているAppleWatchの純正ドックが8,800円(税別)ということを考えると、それより高くなるのは間違いないでしょう。
おそらく12,000円〜15,000円くらい、というのが現実的なところでしょう。

さらに、AirPodsもワイヤレス充電対応モデルが出て来るのは間違いなく、現状の16,800円から多少の値上がりも想定されますね。