AppleWatch Series3が登場!9月22日発売。単体通信が可能に

Aw3 01

本日、Appleの新製品発表イベントが開催され、以前より噂されていた新型AppleWatch「Apple Watch Series 3」が発表されました。
AppleWatch Series3は単体で通信が可能。
日本も初回の発売国に含まれており、9月15日に予約開始、9月22日に発売となります。

Series3の特徴は単体通信。LTEとUMTS形式に対応(日本のキャリアではドコモのみ両形式に対応。au,softbankはLTEは通信のみ)

以前より噂されていたとおり、AppleWatch Series3の最大の特徴は単体での通信機能。
iPhoneとの接続がない状態でも、AppleWatch単体で電話やメッセージの送受信。音楽のストリーミング再生やアプリケーションの使用が可能になります。

通信の形式はLTEに加え、UMTS形式の通信にも対応しています。
日本での通信は「docomo, au, softbank」の3キャリアが対応することが決まっていますが、UMTS形式に対応しているのはドコモのみとなります。
Aw3 02

ただ、海外での使用が多い場合はUMTSでの通信のサポートがある方がうれしいと思いますが、日本国内で使う分にはLTE通信がサポートされていれば十分です。
各キャリアの通信料金についてはイベントでの発表はなく、今後キャリアからの発表を待ちたいと思います。
[ via Apple Watch – 通信事業者 – Apple(日本) ]

単体通信可能はCellularモデルは45,800円から、通信機能のないモデルは36,800円から

Aw3 03

気になる価格ですが、単体通信が可能なCellularモデルの場合、アルミニウムケースのモデルは38mmで45,800円(税別)。42mmで48,800円(税別)です。
ステンレススチールモデルは38mmで64,800円(税別)。42mmで69,800円(税別)。(バンドがスポーツバンドのモデルの場合。)

Nike+もSeries3に対応しており、販売価格は通常のアルミニウムケースモデルと同様。
エルメスモデルもSeries3に対応しており、一番安価なモデルで124,800円からとなっています。

Cellular通信を持たないGPSモデルはアルミニウムケースのモデル(Nike+も含む)のみ販売で、価格は38mmで36,800円。42mmでは39,800円となります。

セラミック素材の「EDITION」は、38mmで139,800円(税別)。42mmで144,800円(税別)です。

すべて9月15日から予約が始まり、発売は9月22日と予定されています。

Series2は販売終了。廉価モデルのSeries1は継続販売

Series3の発売に伴い、前モデルのSeries2の販売は終了。
Cellular通信を持たないSeries3のGPSモデルが後継の位置付けにはなりますが、GPSモデルはアルミニウムケースモデルのみの販売となるので、ステンレススチールモデルやエルメス、EDITIONに関しては、Series3のCellularモデルのみの販売となります。

なお、廉価版として発売されているSeries1は継続販売されます。

Series3とSeries2の仕様の違いは?

Series2を持っている方にとって気になるのはSeries3との仕様の違いだと思います。
単体通信のサポート以外はあまり注目されていませんが、他にどんな違いがあるかを見てみましょう。

・チップは「S2」から「S3」へ変更。
アプリの起動など、アプリなどの動作速度が70%アップ、wifi速度が85%アップ、パワー効率は50%アップとのこと。ただし、このあたりは実際に使用してみないとなかなか実感がわかないところですね…。

・気圧高度計
Series2同様単体でもGPS通信ができますが、加えて高度計も装備。ランニングのログなどで利用することが出来ます。

・容量は16GBへ
Series2の8GBから倍の16GBに容量アップ。なおCellular通信のないGPSモデルでは8GBのまま据え置きです。単体での動作を想定している分、より多くのデータを持てるように設計されているようです。

その他、期待されていたバッテリーの向上は無く従来通り連続使用時間は18時間のまま。
機能としての違いは、やはり単体通信に絞られているようです。


以上、本日のAppleのイベントで発表されたApple Watch Series3の速報情報でした。
日本でのキャリアの料金プランなど、新しい情報についても随時更新していきたいと思います!!