watchOS次回アップデートで「シアターモード」を搭載!意図しない画面の点灯を防止

昨日AppleWatch向けの最新バージョンのソフトウェア「watchOS 3.1.3」が公開されましたが、早くも次回アップデートに向けた「watchOS 3.2」の情報が公開されています。
ベータ版ソフトウェアは開発者向けのため、watchOS 3.2が公開されるのはまだまだ先ですが、先行してリリースノートが公開されており、アップデートの内容を確認することができます。

意図しないディスプレイの点灯を防いでくれる「シアターモード」

watchOS 3.2の大きな特徴が「シアターモード」
Apple Watchをシアターモードに設定すると、着信音や通知音などを消音し、手首を上げても画面が点灯しなくなります。
これまでもマナーモードで消音することはできましたが、シアターモードであれば、映画館などで手首を上げた際に意図せずディスプレイが点灯して周囲の他のお客さんに迷惑をかける心配もなくなりますね!

シアターモードでも通知を受け取ることは可能で、画面は点灯しないものの振動で通知があったことを伝えてくれます。
また、画面をタップするか、デジタルクラウンを押せば、画面を点灯させることもできます。

AppleWatchアプリをSiriとの連携させる「SiriKit」

watchOS 3.2では、さらにAppleWatch向けのアプリを「SiriKit」に対応させることも可能になるようです。

SiriKitはすでにiPhone向けには開放されている機能ですが、Siri経由でアプリを使える仕組みです。
例えば、Siriを起動して「タクシーを呼んで」と話しかけると、タクシー配車のアプリが直接起動し配車を完了してくる、といったアプリを作ることができます。
SiriKitがAppleWatchにも開放されたことで、AppleWatchのSiriからも直接アプリの機能を使えるようになります。

どんなアプリがSiriKitに対応するかは、watchOS3.2が一般向けにリリースされた後次第。
ただ、AppleWatchは画面サイズが小さく各アプリの画面上で操作するのはなかなか大変だったので、Siriと連動するアプリが増えてくればAppleWatchの可能性はさらに広がりそうな気がしますね!


watchOS 3.2の一般向けリリースの日程はまだ発表されていませんが、早ければ2月中には公開される見込みです。
よく映画館に行くという人にとって、カバンに仕舞うことができないウェアラブル端末のディスプレイ点灯は、地味に気になる問題でした。(私も、なるべく袖を伸ばしてApple Watchの画面が直接外に出ないように気を使いながら観ていました…。)
よくぞここに対応してくれた!という、地味ながらもうれしいアップデートになりそうですね!

[watchOS 3.2 by Apple]

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です