Apple Watchのキラーアプリになるか!?Apple Watch版「ポケモンGO(Pokémon GO)」でできること

201609080543

本日の午前2時から開催されたAppleによる新製品発表のスペシャルイベントで発表されたApple Watch版のポケモンGOについて、今現在わかっている遊び方を紹介します。
※イベントの記事はこちら→Apple発表会で発表されたAppleWatchの新情報まとめ

Pokémon GO

無料
(2016.09.08時点)
posted with ポチレバ

ポケモンGOはコンプリケーションに対応しています。
201609080557
コンプリケーションでは現在孵化装置に入れている卵のステータスを確認することができます。

アプリを起動すると、メイン画面はこんな感じ。
2016090805572
所属するチームのロゴが中心に描かれたデザインで、ユーザー名や現在のレベル、経験値(XP)を確認することができます。

「スタート」を押すとプレイ画面へ。
201609080545
プレイ画面では、今回のプレイでの歩行距離、歩行時間、消費カロリーに加え、近くにいるポケモンの情報もチェックすることができます。

画面をスワイプすると、ゲームの中断画面へ。
20160908061038

ゲームを終了すると、プレイの結果画面が表示されます。
20160908061055

歩いた距離や時間やカロリーに加え、プレイ中にゲットしたアイテムも確認することができます。
20160908061110
Appleのアクティビティアプリにゲーム要素を加えたような感じで、楽しみながらエクササイズができる最強のワークアウトアプリになりそうです!

以上がApple Watch版「ポケモンGO」の”ワークアウトアプリ”としてのプレイの流れです。
さらに、「ポケモンGO」の”ゲームアプリ”としての遊び要素がもちろんたくさん盛り込まれています。

まずはやはりポケモンゲットの方法から。
野生のポケモンとの遭遇すると、画面に”通知”が届きます。
201609080607
ただし、残念なことにApple Watchからポケモンを捕まえることはできません…。
通知を受け取ったらiPhoneを取り出してポケモンを捕まえることになります。
確かに、ポケモンGOのポケモンゲットのパートは意外とアクション性が高いので、無理してAppleWatchでプレイしても、かなり演出がそっけなくなりそうですが、できればここもApple Watchで遊びたかった…。

続いては、ポケストップについて。
プレイ中、ポケストップに到着すると、ポケストップの情報が画面に表示されます。
2016090806075
これは”通知”ではなく、アプリ内で表示されます。

iPhone版と同様にポケストップをスワイプすることでアイテムをゲットすることができます。
20160908060827

特定の条件を満たしてメダルを手に入れた時は、通知で情報を受け取ることができます。
20160908060852

さらに、卵が孵化した時にも通知が!
20160908060916
「お?」

通知をタップすると、卵にヒビが入って…
20160908060931

ピカチューきたーーー!!!
20160908061003

という感じ。
なかなか楽しそうですね。


ポケモンGOは大人気の反面、”歩きスマホ”による事故が問題視されています。
Apple Watch版で遊ぶことで、ポケモンゲットの時を除けばiPhoneを使わずにプレイでき、画面を見る必要がある場面では必ず通知が届くので、より安全にプレイすることができるようになります。

アプリのリリースは今のところ“年内”ということしかアナウンスされていませんが、Apple Watchの”キラーアプリ”となりうるアプリだけに、できるだけ早いリリースを期待したいところです!