Apple、Apple Watchに様々な機能を追加するバンドの特許を取得

16390 13168 160331 Watch l

AppleがApple Watchの診断ポートを通して、Apple Watchに様々な機能を追加するバンドに関する特許を取得したことがわかりました。
Apple Wtachのバンドを外した時に見える6穴の診断用ポートを通してApple Watchの充電ができることは以前から話題になっていましたが、今回発表された特許を使うと、充電以外にも様々な機能を追加できるようになりそうです。

<参考:Apple Watchに隠された”謎のポート”を利用した「充電できるApple Watchバンド」が登場するかも!?

16390 13167 160331 Watch 2 l
特許の名称は「Modular functional band links for wearable devices」で、特定のバンドの特許というよりも、様々な機能をモジュール単位でApple Watchと接続する仕組み自体を特許として申請したようです。

想定されている追加機能として、バッテリーやGPSセンサーはもちろん、カメラや温度計、血圧計、発汗センサーなどが例として挙げられています。
他にも、Apple Watchをスピーカーに接続して音楽を再生したり、Macと接続してデータのやりとりを行ったり、バンドにSIMカードを装着することでApple Watch単体での通話を可能したりと、多様な使い方が想定されていることがわかります。

毎度のことですが、Appleが特許を申請したからといって、すぐに製品化につながるとは限りません。
Appleがこれらの多機能バンドを製造するのか、またはサードパーティーに向けて仕様を公開するのか、逆にサードパーティから診断ポートをハックした多機能バンドが発売されるのを阻止するための特許申請なのか、現時点では詳しいことはわかりません。

ただ、Apple Watchに関する不満をバンドの機能として追加していくというアプローチは非常に面白いと思います。
iPhoneと同様にApple Watch自体を毎年アップデートしていくのではなく、自分の欲しい機能を選択して追加できるようになれば、”最もパーソナルなデバイス”と呼ばれるApple Watchには最適なアップデートになるかもしれませんね。

[ via Apple invents modular Apple Watch accessories that link together, connect via diagnostics port ]