Apple Watchに隠された”謎のポート”を利用した「充電できるApple Watchバンド」が登場するかも!?

Reserve strap
Apple Watchのバンドを外すと現れる6穴のポート。

何に使われるポートなのか正式な発表がなく、故障時の診断の際に使われるデバッグ用ポートではないかと言われていましたが、このポートを通してApple Watchの充電が可能であることがわかりました。

充電機能を発見したのは、Apple Watchのバンド「Reserve Strap」を開発しているチーム。
開発中のバンドは$249.99(約3万円)で事前予約も受け付けています。
(現在公開されている情報はあくまで”コンセプト”の段階なので、実際に製品が手元に届くのがいつになるのか、価格に見合う製品になるのか、など気になる点は多いので、予約には少し勇気がいりますが。。。)

なお、先日Appleが発表したApple Watchバンドのデザインガイドラインには以下の一文が。

Bands must not integrate magnetic chargers.
(バンドに磁気充電器を組み込んではいけない)

「Magnetic Charger(磁気充電器)」というのは、Apple Watchの純正充電器で利用している背面に磁石で吸い付けるタイプの充電器のことで、センサー部分を覆ってしまうために利用が禁止されていると考えられます。
充電機能に関しての規定はこの一文のみで、問題のポートを使った充電については言及されていません。

「Reserve Strap」が公式なサードパーティー製バンドとしてリリースできるのかどうか現状では未知数ではありますが、電池持ちに課題のあるApple Watchだけに期待が膨らみますね。

▼Reserve Strap公式プロモーション動画

[ via Accessory makers plan to tap Apple Watch’s hidden port for battery straps, faster charging | 9to5Mac ]