【Apple Watchでできること】まとめ

Apple Watchが命を救う!AppleがApple Watchと連動した緊急アラートシステムの特許を出願

16154 12802 160310 Care l

Apple Watchには装着者の置かれた状況をモニタリングできる様々なセンサーが内蔵されています。
Appleはそれらのセンサーを使いApple Watchの利用者が”緊急事態”に陥ったことを検出。アラートを発信する特許を申請したようです。

Appleが提出した特許の名称は「Care event detection and alerts(ケアイベントの検出とアラート)」。
特許申請書によると、想定している緊急事態は心臓発作や事故による怪我、強盗被害など多岐にわたり、加速度センサーや心拍センサーのデータを組み合わせることにより検出できるとのことです。

緊急事態を検出したシステムは、まず検出に誤りがないかをチェックし、間違いなく緊急事態だと判断した場合にアラートを発信します。
(この誤検出を防ぐ仕組みに関して、かなり細かなチューニングを行っているようで、今回の特許の重要な点の一つに位置付けられています。)
アラートはまず登録している家族に向けて発信され、続いて医師や一般の緊急通報用番号(米国では911、日本であれば119番)に発信を行います。
これらの連絡先は「Care List」としてユーザーが設定できるものになるようです。

16154 12798 160310 Care 2 l

このような緊急事態検出のシステムにおいて、Apple Watchのような生体センサーを備え、(iPhoneを介して)通信が可能なウェアラブルデバイスは非常に効果的。
このシステムが一般的になれば「Apple Watchをつけていたおかげで命拾いをした」というケースも増えてきそうです。
また、高齢であったり心臓に疾患を持つ家族がいる人にとっても、何かあった時にすぐに情報を受け取れるのは安心できますね。

今の時点では”生活をちょっと便利にする”というのがApple Watchのポジションですが、そう遠くない未来に”便利さ”よりももっと重要な”生命”に関わる部分で、Apple Watchが必需品になることもあるのかもしれません。

[ via Apple invention turns Apple Watch into urgent care alert system ] [ via Apple files patent for emergency detection system for Apple Watch | ZDNet ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です