Apple Watchの売上数に失望感!?2015年第4四半期のウェアラブル業界で2位につけても市場での期待感が高まらない理由とは

IT専門調査会社のIDC(International Data Corporation)の調査によると、2015年第4四半期におけるApple Watchの出荷数は410万本。
ウェアラブル市場ではFitbitに次ぐ第2位のシェアを記録したことがわかりました。

<参考:2015年のウェアラブル市場のレポート。Apple WatchはFitbit、Xiaomiに続く第3位!

Fitbitを始めとするアクティビティートラッカー系のデバイスに比べると遥かに高価なApple Watchが、発売から1年に満たない短期間でここまでのシェアを獲得できたのは快挙のようにも思えます。
しかし、どうやら市場にはある種の”失望感”が漂っているようです。

その理由は以下のグラフを見れば一目瞭然。
20160225_wearables_bi
このグラフはウェアラブル市場上位企業の4半期ベースでのウェアラブル端末出荷台数の数位を表しています。

10〜12月の第4四半期はクリスマスやお正月があるホリデー期間。多くのプロダクトが年間で最大の売上を記録する時期です。
Apple Watchの出荷数も右肩上がりではあるものの、”大きな伸び”を期待していた人々が満足できるものではなかったことが明らかです。

一方、業界トップを邁進しているFitbitはセオリー通り前四半期の倍近い出荷数を記録。
スマートウォッチ市場でのライバル「Samusung」も、シェアとしては小さいながらもホリデーシーズンの伸びを見せていることがわかります。

Apple Watch 2の発売時期は、今年のホリデーシーズンを狙う?

次世代Apple Watch「Apple Watch 2」の発売時期は、今年の9月が濃厚だと予想されています。
9月に発売されればまさに今年のホリデーシーズンの目玉となるでしょう。
逆に、今年のホリデーシーズンに爆発的な売上を記録できなければ、Apple Watchの未来は困難なものになるのかもしれません。。

「Apple Watch 2」の登場は、Apple Watchの未来を占う意味でも大きな試金石となりそうです。

なお、Fitbitは今年の3月に「Fitbit Blaze」と呼ばれる腕時計型の端末を発売予定です。
<参考:Fitbit Blaze™ スマートフィットネスウォッチ

これまでは、「アクティビティートラッカー」「スマートウォッチ」として別カテゴリーに属していましたが、これで同じ「スマートウォッチ」という土俵の上にFitbitとApple Watchが並びます。
今年のホリデーシーズンを制すのはどちらの”スマートウォッチ”なのか?
まだ2月ですが、早くも年末が楽しみになってきました!

[via This chart shows very clearly why people are disappointed by Apple Watch sales | business insider ]