2015年のウェアラブル市場のレポート。Apple WatchはFitbit、Xiaomiに続く第3位!

Apple watch idc sales

IT専門調査会社のIDC(International Data Corporation)が本日、2015年のウェアラブルに関するレポートを公開しました。
以前紹介した記事では、Apple Watchがスマートウォッチ業界の50%シェアを獲得したと報告されていましたが、今回のレポートはスマートウォッチだけでなくアクティビティトラッカーなども含めたレポートとなっており、2015年のウェアラブル業界におけるAppleのシェアは、Fitbit、 Xiaomiに続く第3位となっています。

<参照:Apple Watch、2015年スマートウォッチ業界全体の50%シェアを達成!?

2015年の年間出荷数は1200万本。Fitbit、Xiaomiに続く第3位!

Screen shot 2016 02 23 at 9 12 56 pm

やはり安価なアクティビティートラッカーを含めたランキングではFitbitがダントツの首位。
2014年の出荷数1090万本に対し2015年は2100万本と出荷数で93.2%の成長を見せ、王者の地位を保っています。

ただし、マーケットのシェアでは2014年の37.9%から26.9%と減少。
Fitbitのシェアを脅かしたのはAppleWatchの存在も大きいのですが、それ以上にXiaomiの成長が目を引きます。
出荷数は2014年の110万本から1200万本と951%の成長。マーケットシェアも15%を超えています。

日本ではあまり端末を目にする機会のないXiamo(シャオミ)は中国の通信機器メーカー。
安価なスマートフォンの販売により、世界でシェアを伸ばしている会社です。
ウェアラブル業界でも戦略は同様で、11~15ドルという非常に安価なウェアラブル端末を販売し、一気にシェアを伸ばしたようです。

AppleWatchは続く第3位。
出荷台数は1160万本で、マーケットシェアは14.9%。
Apple WatchがFitbitやXiaomiと比べてかなり高価であることを考えると検討した数字であり、売上ベースで考えるとやはり業界における存在感は高そうです。

現状、上位3メーカーと4位以下のメーカーの間には大きな差があり、当面はFitbit、Xiaomi、Appleの3社が世界のウェアラブル業界を牽引してくことになると思われます。

2015年第4四半期の出荷数は410万本。Fitbitに次ぐ第2位!

AWJ 20154Q

2015年の第4四半期を見ると、AppleWatchの出荷数は410万本。Fitbitに次ぐ第2位です。
マーケットシェアは年間のスコアとほとんど同じ15%。Fitbitの29.5%と比べると約半分ということで、Fitbitとの差はまだまだ大きいようです。
(もちろん、ここでも”売上”で考えると逆転する可能性もあります。)

次世代機「Apple Watch 2」の発表も噂されており、今期は売上のペースが落ちているという報告もありますが、2016年もFitbitとのシェア争いが続きそうです。
発売から1年弱でFitbitの牙城に食い込んだApple Watch。このまま1位の座を奪還できる日は来るのでしょうか。
もちろん、Apple Watch以外のウェアラブルもどんどん成長を続けて、ウェアラブル業界自体を盛り上げてもらいたいものです!

[ via Fitbit、ウェアラブル世界一を維持。Xiaomiが急追 | TechCrunch Japan ]
[ via IDC: Apple Watch sales hit 4.1M in Q4 making Apple #2 in wearables behind Fitbit | 9to5Mac ]