AppleWatch Series5で追加された「コンパス」がかなり便利で使える!でも、磁石バンドの干渉は結構ヤバかった…。

Apple Watch Series 5で新しく搭載された「コンパス(方位磁石)」機能。
Apple Watch Series 5と言えばディスプレイの常時表示が大きな話題で、「コンパス」は”ひっそりと追加”された感のある機能ですが、使ってみるとこれが非常に便利でした!

コンパス単体ではなく、「マップ」との連携がすごい!

もちろん、「コンパス」アプリ自体を使うことはあんまりないんですが、「マップ」と組み合わせて使うことで、地図上の現在位置だけでなく、自分がどの方向を向いているか?という方向の情報も表示されるためとても便利です。

特に徒歩での経路案内の時は重宝しそうですね。
AppleWatchのルート案内は便利ではあるんですが、AppleWatchの画面上のマップでは自分がちゃんとルート上を進んでいるのか?がわかりにくく、いったん止まってiPhoneを取り出すことも多かったんです。
しかし、Series5のマップではチラッと見る動作で、「自分がルート上にいるか?」「ルートに沿った方向に向いているか?」が一瞬で把握できるので、本当に便利です!

磁石を使ったバンドの干渉問題…許容範囲を大きく超えたものでした。。。

そんな便利なコンパス機能なんですが、Series5の発売前からAppleの公式サイトには不穏な注意書きが…。

「一部のバンドに含まれている磁石がApple Watch上のコンパスに干渉することがあります。」

磁石を使った公式のバンドは、「ミラネーゼループ」「モダンバックル」「レザーループ」。
特に「ミラネーゼループ」はAppleWatchの代表的なバンドのひとつでとても人気なんです。

そんな注意書きがありつつも、誤差のレベルの影響だろう?と予想していたんですが、実際に使ってみると、想像をはるかに超える結果が…。
どのくらいずれているかは、以下の動画でチェックしてみてください。
(動画の3分過ぎくらいからが干渉問題の内容です。私が持っているバンドはあくまで純正ではないミラネーゼループ風のバンドです。純正での干渉具合の情報がございましたら、TwitterやYoutubeのコメントなどでご意見もらえると嬉しいです!)

コンパス、マップの便利さは文句なしなんですが、使えるバンドが制限されるのは残念。。。
特に「ミラネーゼループ」は元々20,800円(税別)だった価格が、今回Series5の発売に合わせた2度目の価格改定で9,800円(税別)というかなり手ごろな値段になっていました。
この機会に買おう!と思っていた人も多いと思いますが、Series5ユーザーはちょっと注意が必要ですね。
逆に、Series4以前のモデルを使っている人は、ミラネーゼの今の価格は完全に「買い」だと思います。

Youtubeチャンネル、やってます!

Apple Watch JournalのYoutubeチャンネルをはじめました。
今後テキストや画像だけじゃ伝わりにくい情報をアップしていこうと思いますので、ぜひチャンネル登録よろしくおねがいします!
また、AppleWatchについてもっと知りたいこと、AppleWatchJournalの記事を読んだけどわかりにくかったことなどがあれば、動画で解説できればと思いますので、TwitterやYoutubeのコメントで連絡ください!!