ApplePayに対応したローソンのPonta、利用する際の注意点まとめ

11/7より、ApplePayでの支払いでPontaポイントがたまる新サービスがローソンでスタートしました。

これまで、コンビニやスーパーなどで買い物をする際、ApplePayで支払いをしたとしても、ポイントを貯めたいと思ったらあらためてポイントカードを提示する必要がありました。
AppleWatchでApplePayを使う醍醐味ともいえる”手ぶら感”が、ポイントカードを出す一手間で損なわれてしまうような感覚もあったのですが、この新サービスのおかげで、支払いとポイント付与が”手ぶら”で実現するようになったというわけです!


そんな、ローソンの新サービスですが、始まったばかりということもあり、まだちょっとした混乱も起きている様子…。
というわけで、サービスを使う上での注意点をまとめておきたいと思います。

支払いは「ApplePayで」とお願いしよう!

一番の注意点はこれ。
レジでの支払いの際は、必ず「ApplePayで」とお願いしましょう。
「Apple Payで」ではなく、「Suicaで」「iDで」「QUICPayで」「クレジットで」と言ってしまうと、Pontaカードは同時に読み込まれません。

ローソンの一部の店舗で実施しているセルフレジで支払いをしてみると、決済画面で「電子マネー」を選ぶと、選択肢として「Suica」「iD」などと並んで「ApplePay」が用意されています。

Twitterを見ていると、店員さんが「ApplePayで」という支払いに対応できなかった…という声もあるようですが、「これこれ!」と画面を指して教えてあげたいところですね。。。

メインカード以外の支払い方法も選べます!

ローソンの公式ページには

ApplePayの決済はメインカードが自動的に選択されます。

という一文がありますが、実はこれが誤りで、支払い方法はメインカード以外も選択することができます。

「ApplePayで!」と伝えたら、AppleWatchのサイドボタンをダブルクリックしてApplePayを起動。
複数のカードを設定している場合は画面をスワイプしてカードを切り替えることができます。
支払いたいカードを表示させた状態で、決済端末にタッチすることで支払いできるというわけです。

エクスプレスカードは使えない…。(手動で選択すればOK!)

メインカード以外での支払いは可能ですが、カード選択なしで使えるエクスプレスカードのSuicaは利用できません。
もちろん、サイドボタンダブルクリックでSuicaを選択して支払うことはできます!

「ApplePayで」という伝え方をした場合は、必ず明示的に支払うカードを手動選択する必要がある(自動で選択されるエクスプレスカードは使えない)と覚えておきましょう!

ポイントがちゃんと付与されたか?の確認方法

一回の処理で支払いとポイントの付与が同時に行えるサービスですが、気になるのは「ちゃんとポイントがついてるのか?」だと思います。
Pontaカードが自動的に読み込まれた場合、決済直後の完了画面に小さくPontaが表示されます。

Apple Wallet上のpontaカードへのポイント反映はタイムラグがありますが、決済画面にPontaが出ていればちゃんとポイントが付与されているので安心してください!
(もちろん、レシートを見ればポイント付与されているかの確認はできますが…。)

ローソンでもっとお得に買い物するなら「dカード」を使おう!

これを機に、積極的にローソンを使おうと思う人も少なくないと思いますが、せっかくローソンを使うならよりお得になる「dカード」がおすすめです!
dカードをiDとして使うことで、商品の3%オフ、1%ポイント還元(dポイント)、そして今回のローソン新サービスでPontaが1%分と、かなりお得にポイントが貯まります!
(最後の1%分のポイントは、元々「dカード」か「Pontaカード」のどちらかを提示して付与されるポイントでした。今回そこが自動化されることで、dカード×ローソンのキャンペーンがApplePayのみで完全対応した形になります。)

まだ、dカードを持っていない人は「dカード」を!ドコモユーザーの方はドコモの携帯料金のポイント還元が10倍になる「dカード GOLD」を持つことを検討してもよいと思いますよ!


個人的にはSuica対応の際に匹敵するくらい嬉しい今回のローソンの新サービス。
他ののポイントカードもどんどんと対応を進めていってほしいものです!