Apple Watchを着けていればパスワード入力なしでmacをアンロック! macOSの新機能「Auto Unlock(オート・アンロック)」のデモ動画

Auto unlock

WWDC 2016で注目されたMac向けの新しいOS「macOS」の新機能にApple Watchを使った「Auto Unlock(オートアンロック)」があります。
Auto Unlock(オート・アンロック)は、Apple Watchを身に着けているだけで、macのパスワード入力をスキップできる機能です。

昨日リリースされたばかりの開発者向け最新ベータ版である「watchOS 3 beta2」で、「Auto Unlock(オート・アンロック)」機能が開放されており、早くもデモ動画が公開されています。

ログイン画面が表示されて、通信と認証を行う1秒くらいの待ち時間は発生していますが、パスワード入力するよりも明らかに早くログインすることができています。

ログインに成功すると、Apple Watch側には「このApple WatchでMacをアンロックしました」というメッセージが通知されます。
Vlcsnap 2016 07 07 06h19m23s615

また、Apple Watchを腕から外している場合はアンロックは出来ず、通常のログイン画面が表示されます。
Vlcsnap 2016 07 07 06h30m48s576
当然ですが、AppleWatchにパスコードを設定していない場合は、腕に着けさえすれば誰でもロック解除できることになってしまいます。
Auto Unlockを使用している人は今まで以上にパスコードの重要性が高くなるのでご注意ください。

Auto Unlockの設定は、Macの「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を選択し、「Allow your Apple Watch to unlock your Mac(Apple WatchでMacのロックを許可する)」にチェックをします。
Vlcsnap 2016 07 07 06h33m18s234

また、Auto Unlockを利用するためにはApple IDの「2ファクタ認証」を有効にする必要があります。
(参考:Apple ID の 2 ファクタ認証 – Apple サポート

Apple Watchを持っているMacユーザーなら気にならずにはいられない新機能「Auto Unlock」。
動画を見る限りは動作も快適そうで、早く利用してみたい!
またしてもこの秋の楽しみが一つ増えましたね。

[ via Hands-on with Auto Unlock in macOS Sierra beta 2 [Video] | 9to5Mac ]