【Apple Watchでできること】まとめ

ホーム画面整理オタクのための、Apple Watchのホーム画面レイアウト変更方法&イケてるホーム画面レイアウトまとめ

Home

Apple Watch対応のアプリが日に日に増え、楽しくどんどんインストールとアンインストールを繰り返ししているんですが、気がつけばホーム画面でのアプリの並びが奇妙なレイアウトになってきました。

iPhonbeのホーム画面のアプリを同じ色のアプリを縦に並べるという、自己満足以外の何物でもないルールでレイアウトしている僕としましては、Apple Watchのアプリも気持ち良いルールで整列させたくて仕方ありません!

IMG 6738
※左から「緑アプリ」の列、「青地に白」の列、「白地に青」の列、「銀系アプリ」の列と並べています。一番右はちょっと適当ですが。

というわけで、Watchアプリをレイアウトしてみましょう。

Watchアプリのレイアウトを変える方法は?

Apple Watchでレイアウトを変更する

iPhoneのアプリレイアウトを変えるときと同じように、まずはアプリを長押しします。
感圧タッチ(フォースタッチ)ではなく、あくまで普通の長押しです。

するとアプリアイコンがピョコンと動き、iPhoneの場合と同じように、削除可能なアプリの左上に「×マーク」が表示されます。
IMG 6739

そのままアプリをドラッグすると、他のアプリと入れ替わるような独特のヌルヌルした動きで、アプリの配置を変更することができます。
IMG 6746

iPhoneのように左から右にアプリが並ぶわけではなく、中心に向かって放射状にアプリが並ぶため、意図したようにアプリの並びを変更するのはちょっと大変です。
これは慣れるしかないので、動かしまくってアプリの挙動を把握しましょう。

iPhoneでレイアウトを変更する

Apple Watchのレイアウトは、iPhoneの「Apple Watch」アプリから変更することができます。

アプリを起動し、「マイウォッチ」の一番上「Appのレイアウト」というメニュー項目をクリック。
IMG 6736

レイアウト変更の方法や、アプリアイコンの動き方はApple Watchで変更する場合と同じですが、画面が大きいのでiPhoneで変更する方が、かなり楽に感じました。
IMG 6737

これからもたくさんアプリを触って遊びたいので、まだまだ確定ではありませんが、現状の僕なりのレイアウトの法則は色相環
時計アイコンを中心に、色ごとに分類してグラデーションの環ができればいいなーと思っています。
(モノトーンのアイコンがあったり、やたらカラフルなアイコンもあるので、なかなかうまくいきませんが。。)

これまた自己満足以外の何物でもありませんが、せっかくなのでiPhoneと同様、自己満足度の高いアプリレイアウトを追求したいと思います。

世界にはこんなにイケてる(?)ホーム画面を作っている猛者が!

ちょっと「大喜利」になっている気もしますが、世界のApple Watchユーザーが個性的なレイアウトを公開しています。

あのアイコンの変な動きを制御して、これだけのレイアウトを実現しているのがすごい!
きっと目的の形にするために、不要なアプリをインストールしておいて削っている場所もありそう。
こういう情熱、大好きです!!

ブランチ型のレイアウト

Apple watch apps layout 640x640
▲▼フィットネス、メディア、コミュニケーション等ジャンルごとのブランチを形成するのがポイントです。
Image1

▼Apple純正アプリ/サードパーティ製アプリを左右に分類
KClBF18 640x429

全体の形にこだわったレイアウト

Hourglass(砂時計)
Adambetts watchscreen hourglass 640x640

X
Kex088x

王冠
Image 2

りんご(Apple信者ならこれ!)
IMG 1481

[ via Apple Watch users show off their creativity with custom app layouts | Cult of Mac ]

さらにこだわり抜いた猛者のレイアウトがこれ!

Webデザイナーであればおなじみの「フィットの法則」。
「目的地までの距離」と「目的の大きさ」の関係によるユーザの行動をモデル化したフィットの法則(ざっくりいうと、今のマウスカーソル位置から近いものや大きな目的があるものはクリックされやすく、遠いものや魅力が小さいものはクリックされにくい、という感じ。)と、Apple Watchの小さい画面での誤タップを防ぐことを両立した最適なホーム画面レイアウトがこれ!

AucBCmp 640x1138

時計アイコンの近くによく使うものを配置しつつ、直線距離が遠くならないように円形を組み合わせる形でアプリを配置。
隣のアイコンを誤タップする確率を減らすため、空白の場所を作っているのがポイントです。

[ via The scientifically perfect way to organize your Apple Watch apps | Cult of Mac ]

これだけのレイアウトを作り上げる労力に見合うメリットが得られるかは…ちょっと怪しいところですが、ホーム画面は基本的には自己満足!
とことんこだわり抜いたホーム画面つくりに挑戦してみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です