世界中の左利きの皆さま、Apple Watchを右手に装着するための設定方法

LR

Apple Watchは基本的に「右利き」用。
左手に装着したApple Watch本体の右側にある「デジタルクラウン」や「サイドボタン」を、右手で操作するように設計されています。

でも右手に腕時計を装着したいという左利きの方でも大丈夫!
Apple Watchにはちゃんと左利き(右手装着)用の設定があります。

普通の腕時計であればクラウン(リューズ)を頻繁に操作することはないと思いますが、デジタルクラウンをくるくる触りまくるApple Watchの場合、ちゃんと左利き用に設定し、右手で操作しやすくしておくことをおすすめします!

Apple Watchを左利き用に設定し、右手に装着して使う方法

Apple Watchから設定する

Apple Watchの設定アプリから「一般」を選択。
IMG 6755

「向き」を選択。
IMG 6756

手首の項目で、Apple Watchを装着したい手を選択。(左利きの場合は、「右」を選択)
IMG 6757

クラウンの向きを選択。(左利きの場合は、右手のApple Watchを左手で操作したいので「左」を選択)
IMG 6758

これで設定完了です。
IMG 6759

iPhoneから設定する

iPhoneの「Apple Watch」アプリからも設定が完了です。

「Apple Watch」のマイウォッチ画面から「一般」を選択。
IMG 6761

「ウォッチの向き」を選択。
IMG 6762

Apple Watchで設定した場合と同様、「APPLE WATCHを装着」の項目で「右手」を選択。「左にデジタルクラウン」を選択します。
IMG 6763

これで設定は完了。
Left

画面の上下を正しく表示させるために「デジタルクラウンの向き」を設定するのは当たり前ですが、装着する手の向きも設定するのは意外ですが、「Apple Watchが適切なタイミングで画面のスリープを解除」という説明があるように、Apple Watchの挙動の精度を上げるために必要な設定のようです。

サイドボタンが上、デジタルクラウンが下なのがデザインとしてどうなの?ってのがちょっと気になりますが、これで左利きの人も使いやすく設定できたのではないでしょうか。
「右利きだけど腕時計は右手に装着したい!」という人も、この設定で使ってみてください!